偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

おんな城主 直虎 登場人物一覧

2017年放送の、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の主な登場人物


■井伊家
井伊直虎(いい・なおとら)
演:柴咲コウ
演:新井美羽(幼少期のおとわ役)

井伊直虎語録
http://meigennooukoku.net/blog-entry-4217.html

井伊直虎 家系図
http://nihonnokakeizu.net/blog-entry-3193.html


井伊直盛(いい・なおもり)
演:杉本哲太

千賀(ちか)
演:財前直見

井伊直平(いい・なおひら)
演:前田吟

井伊直満(いい・なおみつ)
演:宇梶剛士

井伊直親(いい・なおちか)

井伊直親 家系図
http://nihonnokakeizu.net/blog-entry-3196.html


しの
演:貫地谷しほり

井伊直政(いい・なおまさ)
演:菅田将暉
演:寺田心(幼少期の虎松役)

井伊直政 家系図


■井伊家の顧問的役割
南渓和尚(なんけい・おしょう)

南渓和尚語録
http://meigennooukoku.net/blog-entry-4215.html

南渓和尚 家系図
http://nihonnokakeizu.net/blog-entry-3194.html


■小野家
小野政直(おの・まさなお)
演:吹越満

小野政直 家系図
http://nihonnokakeizu.net/blog-entry-3197.html

小野政次(おの・まさつぐ)
演:高橋一生
演:小林颯(幼少期の鶴丸役)

小野玄蕃(おの・げんば)
演:井上芳雄



井伊直虎(いい・なおとら)略歴
【生年不詳~1582年】戦国時代の女性領主。徳川四天王の一人で井伊氏第24代当主井伊直政の養母。遠江井伊谷(静岡県浜松市(旧・引佐郡)引佐町)の国人井伊氏の当主を務め、「女地頭」と呼ばれた


井伊直弼(いい・なおすけ)略歴
【1815年~1860年】近江彦根藩の第15代藩主。幕末期の江戸幕府にて大老を務め、日米修好通商条約に調印し、日本の開国近代化を断行した。また、強権をもって国内の反対勢力を粛清したが(安政の大獄)、それらの反動を受けて暗殺された(桜田門外の変)
  1. 2017/01/07(土) 11:28:24|
  2. トップページ(目次)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1894年(明治27年)生まれの有名人

1894年生まれで、死後50年以上たっている有名人


■【1894年1月18日~1964年6月7日】
・高群逸枝(たかむれ・いつえ)
・詩人・民俗学者・日本の「女性史学」の創設者


■【1894年10月21日~1965年7月28日】
・江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ)
・小説家。主に推理小説を手がけた。日本推理作家協会初代理事長


■【1894年1月22日~1958年2月6日】
・チャールズ モーガン
・英国の小説家
・作品「鏡に写る影」。「精神の自由」など


■【1894年2月1日~1964年3月16日】
・太田垣士郎 (おおたがき・しろう)
・関西電力初代社長。黒部ダム建設で有名


■【1894年2月2日~1944年12月25日】
・片岡鉄兵(かたおか・てっぺい)
・大正・昭和前期の小説家
・代表作『花嫁学校』『朱と緑』『虹の秘密』


■【1894年3月12日~1945年10月18日】
・葉山嘉樹(はやま・よしき)
・日本のプロレタリア文学の作家
・福岡県京都郡豊津村(現・みやこ町)出身
・作品『セメント樽の中の手紙』『海に生くる人々』


■【1894年2月5日~1963年5月5日】
・ペール・ヤコブソン
・スウェーデンの経済学者
・国際通貨基金 (IMF) 第3代専務理事


【1894年2月9日~1969年5月3日】
・香山蕃(かやま・しげる)
・日本ラグビー協会第3代会長
・ラグビー日本代表初代監督


■【1894年3月21日~1958年9月20日】
・島野庄三郎 (しまの・しょうざぶろう)
・実業家。シマノ 創業者
・株式会社シマノは、自転車部品と釣具の製造を主要な事業とするアウトドアスポーツ用品会社


【1894年3月2日~1937年6月26日】
・村田實(むらた・みのる)
・大正・昭和初期の日本の映画監督、脚本家、俳優
・日本映画監督協会初代理事長
・作品『路上の霊魂』『街の手品師』
  1. 2016/12/08(木) 21:32:56|
  2. トップページ(目次)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

べっぴんさん 登場人物 モデル一覧

『べっぴんさん』は、NHKが2016年度後期(2016年10月3日 - 2017年4月1日)に放送した連続テレビ小説である


■『べっぴんさん』の登場人物実在モデル

坂東五十八・・・ 佐々木八十八(現在の株式会社レナウンの創始者)
坂東はな・・・倆子(りょうこ)。佐々木八十八の妻
坂東ゆり・・・知恵子(のち三浦義次の妻)
坂東すみれ・・・坂野惇子(ファミリア創業者)
田中紀夫・・・坂野通夫(惇子の夫。ファミリア2代目社長)
坂東さくら・・・(光。惇子と通夫の一人娘)

坂野惇子の家系図
http://nihonnokakeizu.net/blog-entry-2768.html

坂野通夫の家系図
http://nihonnokakeizu.net/blog-entry-3112.html


野上正蔵・・・尾上設蔵(佐々木営業部(現レナウン)の番頭。創始者の佐々木八十八を支えた)
野上 潔・・・尾上清(レナウンの戦後創業者。ファッション業界のドンと呼ばれた)

尾上清の家系図
http://nihonnokakeizu.net/blog-entry-3110.html


麻田茂男・・・元田蓮(神戸のモトヤ靴店)

元田蓮語録
http://meigennooukoku.net/blog-entry-4131.html


小澤良子・・・田村枝津子(ファミリア創業者の一人)
小澤勝二・・・田村寛次郎(ファミリア取締役。田村枝津子の夫)
村田君枝・・・村井ミヨ子(ファミリア創業者の一人)


     ・・・清水雅(阪急百貨店初代社長)

清水雅語録
http://meigennooukoku.net/blog-entry-503.html
清水雅の家系図
http://nihonnokakeizu.net/blog-entry-3104.html
  1. 2016/11/09(水) 21:23:59|
  2. トップページ(目次)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昭和天皇

平成28年10月12日
題名:昭和天皇の雑草観から適材適所を学ぶ




「雑草という草はないんですよ。どの草にも名前はあるんです。どの植物にも名前があって、それぞれ自分の好きな場所を選んで生を営んでいるんです」昭和天皇


先日、『宮中侍従物語』(入江相政編)という本を読んだ。この本は侍従から見た昭和天皇のエピソードが満載である

その中の一つに昭和天皇のお人柄やお心の広さが垣間見れる、強烈に印象に残るエピソードがあった


9月中旬、両陛下が那須の御用邸に行かれている間に、田中直(なおる)という侍従が、両陛下が普段、住んでおられる皇居内の吹上御所の庭をきれいにするため雑草を刈った


両陛下が戻られ、田中侍従は庭をきれいにしたのだから褒められると思ったが、昭和天皇は珍しく語気を強めてこのような内容で叱責したという

「どんな植物でも、みな名前があって、それぞれ自分の好きな場所で生を営んでいる。人間の一方的な考え方でこれを雑草としてきめつけてしまうのはいけない。注意するように」


アメリカの19世紀最大の思想家、エマーソンは

「雑草とは何か?それはその美点がまだ発見されていない植物である」


と言ったが、昭和天皇もこれと同じようなお考えであったのであろう


このエピソードで昭和天皇のお人柄が垣間見れると思ったのは、このことは人間の世界にもあてはまると思ったからである


この世に生まれてきた人は、どんな人であれ、何かしらの役割があり無駄な人は一人もいない。昭和天皇はこのような広いお心を持っていたのではなかろうか


このエピソードを知って、思い出されるのが、経営の神様、松下幸之助(パナソニック創業者)である


松下幸之助は

「この世に存在するものは一切不要なものはない。どのような悪人でも、毒物でも、使い方によっては全部役に立つ」


と語り、無口で物凄く暗い社員を葬儀担当に抜擢したという話を聞いたことがある


松下幸之助は人事の天才でもあった





昭和天皇(しょうわてんのう)経歴(プロフィール)
1901年~1989年(明治34年~昭和64年)日本の第124代天皇。明治天皇崩御で皇太子に即位。大正天皇崩御で第124代天皇に践祚(せんそ)。御前会議の「聖断」で終戦。マッカーサー元師をご訪問。人間宣言を発布、日本と世界の平和を願った。87歳で没


入江相政(いりえ・すけまさ)略歴
【1905年~1985年】日本の歌人・随筆家。昭和天皇の侍従・侍従長を長く務めた。1905年6月29日、 現・東京都港区西麻布で生まれる。東京帝国大学文学部を卒業して学習院の講師となる。学習院の教授に就任。宮内省侍従職侍従となる。侍従次長を経て、侍従長に就任。1990年、『入江相政日記』が公刊される


ラルフ・ワルド・エマーソン経歴(プロフィール)
【1803年~1882年】アメリカの思想家、哲学者、作家、詩人、エッセイスト。マサチューセッツ州ボストンで生まれる。18歳でハーバード大学を卒業し21歳までボストンで教鞭をとる。 その後ハーバード神学校に入学し、伝道資格を取得し、牧師となった


松下幸之助(まつした・こうのすけ)経歴(プロフィール)
【1894年~1989年】現パナソニック創業者。和歌山県生まれ。小学校4年で、家庭の事情で学業を断念し大阪の火鉢店で丁稚奉公。大正6年大阪電灯を退職し独立。昭和5年ラジオの生産・販売開始。昭和10年株式会社に改組。松下電器産業発足。一代で世界的な総合家電メーカーに育て上げ経営の神様と言われる。94歳没
  1. 2016/10/12(水) 23:41:57|
  2. トップページ(目次)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アルフレッド・ノーベル

題名:「ノーベル賞に何故、数学がないのか」



ノーベル賞は、物理学賞、化学賞、生理学・医学賞、文学賞、平和賞、そして、経済学賞(アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞)の6部門で構成されている。

全ての学問分野を網羅しているはずなのに、何故か数学賞がない。

何故、数学賞がないのであろうか?

その理由について2つの説があるようだ。

一つの説は、もし、数学賞を設けたら、ノーベルの恋敵である数学者、ミッタク・レフラーがその賞を受賞してしまう恐れがあったこと。

もう一つの説は、かつてノーベルが好きだった女性を奪った男が数学者であったことから、数学に対する恨みからと言われる。

ノーベルはノーベル賞を設立するにあたって

「毎年、賞金というかたちで、人類に対してもっとも貢献したと思われる人物に賞をあたえてほしい。いうまでもなく、賞をあたえるうえで候補者の国籍はまったく関係がない」

と語っている。「候補者の国籍はまったく関係がない」としながらも、数学賞を設けなかったのが、女性問題というのは、何とも人間臭い。



アルフレッド・ベルンハルド・ノーベル経歴(プロフィール)
【1833年~1896年】ダイナマイト王。実業家。ノーベル賞の提唱者。スウェーデンのストックホルム生まれ。化学者ソブレロが発明した爆薬、ニトログリセリンを初めて実用化することに成功した
  1. 2016/10/03(月) 23:01:45|
  2. トップページ(目次)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ