偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

秋山真之

関連サイト
このブログのトップページ(目次)http://bit.ly/xLH35E
連合艦隊解散の訓示原文 http://bit.ly/wcmMrE
秋山真之(海軍中佐)語録 http://bit.ly/y1R8FC
東郷平八郎語録 http://bit.ly/yB812q
東郷平八郎の知られざる逸話 http://bit.ly/xXPUfB




平成23年12月29日
題名:秋山真之と東郷平八郎から学ぶ危機管理の心構え



世界の政治家で名文家は誰かと問われれば、私は迷わず英国のウィンストン・チャーチルをあげる。チャーチルは第2次世界大戦の翌年から1945年までイギリス首相として大戦を勝利に導いた人物である。チャーチルが書いた「第2次世界大戦回顧録」は不朽の名作といわれる。私も何度となく読んだが、チャーチルの文章には国として政治家として、また人の生き方として大切な教訓が沢山詰め込まれている。鋭い洞察力、知性溢れる文章で読み応えがありまさに名文だと思う。

では日本で名文家は誰かと問われれば、政治家ではないが「連合艦隊解散の辞」を起草した秋山真之海軍参謀をあげる。秋山は東郷平八郎司令長官の参謀として日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を破り、日露戦争を勝利に導いた功労者の一人である。

日本海海戦はロシア艦隊の主力艦のことごとくを撃沈したのに対して、日本の連合艦隊は無傷に近い状態での完全勝利であった。

世界の海軍が唯一最大の模範としてきたトラファルガーの海戦でさえ戦勝軍の英国海軍は乗員の一割を失い、ネルソン司令長官も戦死している。

だからこそ日本のこの勝利は世界を驚かせたと同時に東郷は英国のネルソン提督とならぶ世界の海軍二代英雄と讃えられた。(ネルソンは最後戦死したのだから東郷の方が上ではないかと私は思うが)

そして戦争が終わり、連合艦隊が解散したのが明治38年12月20日で、その解散式が翌日旗艦において行われたが、その時に東郷司令長官が読み上げた訓示が有名な「連合艦隊解散の辞」である。起草したのは秋山参謀とされる。

連合艦隊解散の辞(全文) http://bit.ly/wSJzi7

この文章は様々な形式で各国に翻訳された。なかでも米国のセオドア・ルーズベルトは大変な感銘を受け、英訳文を全米の海軍将兵に配布したほどである。

この訓示には「過去の歴史や教訓から学ぶ大切さ」や「平素の鍛錬の大切さ」「油断大敵」など、今にも通じる大切な教訓の数々が簡潔に分かりやすく書かれていると思う。中でも「危機管理に対する心構え」が鮮明に表現されている。

長文になるのでここでは一部分だけを抜粋する。
「軍人が太平に安心して、目前の安楽を追うならば、兵備の外見がいかに立派であっても、それはあたかも、砂上の楼閣のようなものでしかなく、ひとたび暴風にあえば、たちまち崩壊してしまうであろう。まことに心すべきことである。・・・神は平素ひたすら鍛錬につとめ、戦う前に既に戦勝を約束された者に、勝利の栄冠を授けると共に、一勝に満足し、太平に安閑としている者からは、ただちにその栄冠を取上げてしまうであろう。昔のことわざにも『勝って兜(かぶと)の緒(お)を締めよ』とある」

この部分だけからも、危機管理に対する心構えが読みとれると思う。何も軍人だけのことではなく、現代の国家の危機管理もしかり、企業もしかり、人もしかり、全ての組織、人に当てはまるものではないかと思う。

先人が命がけで国を護り、そして残してくれた文章である。今一度この訓示から学び今後に活かしていきたいと思う。


文責 田宮 卓
スポンサーサイト
  1. 2011/12/29(木) 01:19:46|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<吉田松陰 | ホーム | 岩崎弥太郎と扇子に小判>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamiyataku2.blog.fc2.com/tb.php/95-48c70d2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)