偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

後藤新平とベンチャー企業

後藤新平(ごとう・しんぺい)略歴
1857年~1929年(安政4年~昭和4年)都市計画の先駆者。南満州鉄道総裁、外務大臣、東京市長歴任。陸中国胆沢郡塩釜村(現岩手県水沢市)生まれ。1874 年福島県須賀川医学校に入学。1881年愛知県医学校長兼病院長。1890年ドイツに留学。1892年帰国。内務省衛生局長に就任。1898年台湾総督府民政局長、後に民政長官に就任。1906年南満州鉄道初代総裁に就任。1908年逓信大臣に就任。初代の鉄道院総裁を兼務。1916年内務大臣兼鉄道院総裁。1918年外務大臣就任。1920年東京市長就任。1923年内務大臣兼帝都復興院総裁に就任。関東大震災から帝都をいち早く復興させてその名を歴史に残す。71歳で没。

関連サイト
このブログのトップページ(目次) http://bit.ly/xLH35E
後藤新平語録 http://bit.ly/wDs74n
後藤新平の知られざる逸話他
■最大の経済対策は人を育てることである http://bit.ly/y0elfq
■関東大震災から帝都を復興させた政治家(全7話)http://bit.ly/wnpLA4





後藤新平の知られざる逸話

平成22年9月12日
題名:「ベンチャー企業を支援した政治家後藤新平」



昭和通り、日比谷通、墨田公園、墨田川の名橋これらの都市構造物は大正時代、東京市長の後藤新平が手掛けたものである。後藤は台湾総督府民政長官、南満州鉄道初代総裁、内務大臣、外務大臣、東京市長等を歴任、行革と都市政策の先駆者と言われた男であるが、
この後藤という政治家が異色だったのは実に多くの実業家を支援し育てたことではないだろうか。

後藤新平の関与を受けたという実業家を上げればきりがないが。鈴木商店の金子直吉は後藤が台湾総督府民政長官の時、台湾の樟脳油65%の販売権を取得し鈴木商店大飛躍のきっかけをつくった。

西武王国を築くルーツとなる軽井沢の沓掛(くつかけ)地区の開発を「今は経営者にしても気宇広大な奴がおらん。この軽井沢あたりも君のような若い者が50年ぐらいの計画で開発したらいい」と、まだ30歳にもみたない堤康次郎(西武グループ創業者)に勧めたのは後藤である。

読売新聞の再建を頼まれた正力松太郎が訪ねてきて「十万円(今なら数億円)貸してほしい」とお願いされた後藤は「新聞経営は難しいと聞いている。失敗しても未練を残すなよ。金は返す必要はない」と言い十万円を貸したという。当時、正力は政治家のことだから、どこかから都合したのだろうと思ったという。しかし、後藤の死後、実は後藤が自宅を抵当に入れ、無理して借金をした金であることを遺族から聞かされて知ることになり、正力は号泣したという。
また、後藤のもう一つの特徴は医療・医薬に携わる人達を支援したことであろう。星一(はじめ)が星製薬株式会社を設立する時支援をしている。

日本の細菌学者の父、北里柴三郎を支援したことでも知られ、漢方薬の津村順天堂(現、株式会社ツムラ)の創業者、津村重舎(ジュウシャ)をとても可愛がったといわれる。

株式会社クラレの前身となる倉敷絹織株式会社を創設した大原孫三郎が倉敷中央病院を創設すると、開院式にわざわざ岡山の倉敷まででかけて参加するなど、医療に携わる人達との交流にとても熱心であったようだ。

それはそのはずで後藤新平自身、元々医者であったので自然と医療・医薬に携わる人達の支援に力が入ったのだろう。明治15年(1882年)4月、自由民権運動を進める自由党総裁板垣退助が岐阜で演説中、暴漢に刃物で襲われ「板垣死すとも自由は死なず」と有名な言葉を叫んだ事件があったが、この時真っ先に岐阜に駆けつけ板垣の治療をしたのは実は後藤であった。 

業界団体や財界の利益誘導をして見返りに献金をもらう政治家はいても、後藤新平のようにベンチャー企業を支援する政治家はなかなかいないのではないか。

政権交代目前で大きく政治が変わろうとしている今、後藤のような政治家が出現することを期待したい。人材の育成こそが産業発展の要である。


 文責 田宮 卓
スポンサーサイト
  1. 2010/09/12(日) 21:19:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<田口利八(西濃運輸創業者) | ホーム | 田中角栄「凄い男」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamiyataku2.blog.fc2.com/tb.php/76-db20d65e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。