偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

田中角栄「凄い男」

田中角栄(たなか・かくえい)略歴
1918年~1993年(大正7年~平成5年)内閣総理大臣(第64・65代)。新潟県刈羽郡で誕生。二田尋常高等学校卒。1934年、理化学研究所の大河内正敏所長を頼りに上京。住み込みなどを経て、建築設計事務所を開く。1936年、中央工学校土木科卒。1947年、2度目の立候補で衆議院議員に初当選。郵政相、蔵相、自民党幹事長、通産相を歴院。1972年、第64代内閣総理大臣。1976年、ロッキード事件で逮捕される。75歳で没

関連サイト
このブログのトップページ(目次)http://bit.ly/xLH35E
田中角栄俯瞰情報インデックス http://bit.ly/xFenGU





田中角栄の知られざる逸話

平成22年8月15日
題名:「凄い男」


10数年前、衆議員議員の宿舎でアルバイトをしてた時、また国会議員の秘書をしていた時に、故田中角栄と実際に接したことのある人達から田中角栄の話を多く聞く機会があった。話を聞いてみると今でも神様みたいに思っている人が多い。金脈政治と一つの面だけをとらえて評価するのにはあまりにも惜しい人物である。面倒見の良さや人望といった人間力を取り上げれば、田中角栄に匹敵する人物は今も昔も恐らくいないであろう。ここでは田中角栄にまつわる話で一番印象に残っていることを紹介したい。

故佐藤栄作元首相の秘書の経験をされたことのある女性の経営者とお話をする機会があった。佐藤栄作のことを色々と聞かせていただいた後、田中角栄の思い出話をしてくれた。

年の暮れ、都内のホテルで佐藤首相(当時)と田中幹事長(当時)とが会談をした。会談が終わり、田中幹事長がホテルを出られるので玄関までお見送りにいったところ、田中幹事長の車の窓があき、こちらに手招きをしている。なんだろうと思って近づいて行くと、田中幹事長が「年は越せるかい」と声をかけてきたと言う。「はい」と答えると「何かあったら何時でも私のところに言ってきなさい」と言われたという。それ以来、私(女性経営)はどんなに辛いことがあっても、これ位のことで田中先生にお願いしては申訳ない、そう思い歯を食い縛って今日まで頑張ってきました。と眼に涙を浮かべながら話をされた。今でも田中先生の言葉が自分の支えとなっており感謝をしていると述べられた。

この話には私もとても感動した。今まで聞いた田中角栄の話で一番印象深い。佐藤栄作の秘書さんにも声をかける優しさだけでなく、たった一言がその人の生涯の励みになるのだから本当に凄い男であったのだなとつくづく感じた。


文責 田宮 卓
 


 
スポンサーサイト
  1. 2010/08/15(日) 21:22:44|
  2. 田中角栄内閣総理大臣(第64・65代)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<後藤新平とベンチャー企業 | ホーム | 吉田茂(元内閣総理大臣)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamiyataku2.blog.fc2.com/tb.php/74-25101320
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)