偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

堤康次郎(西武グループ創業者)

堤康次郎(つつみ・やすじろう)略歴
1889年~1964年(明治22年~昭和39年)西武グループ創業者。滋賀県愛知郡(えちぐん)八木荘(やぎしょう)村生まれ。早稲田大学政経学部卒。各種の事業を始めて失敗したのち、大正7年軽井沢開発に着手。大正9年箱根土地㈱設立。昭和3年多摩湖鉄道創立。昭和20年西武鉄道設立。昭和27年衆議院議員。昭和28年衆議院議員議長。75歳で没。著書に「私の履歴書」(日本経済新聞連載、昭和31年7月)他。

関連サイト
このブログのトップページ(目次)http://bit.ly/xLH35E
堤康次郎(西武グループ創業者)語録 http://bit.ly/o4yNzo
堤康次郎と後藤新平(大物政治家)http://bit.ly/ABMKsi
 




平成23年2月27日
題名:「会社や仕事を選ぶな(就職が決まっていない学生に向けて)」



大学生の内定率が約7割で4月から就職出来ない人が約3割もいるとテレビや新聞で報道されている。大手企業は採用枠が少なく倍率が物凄く高くなるためなかなか内定をもらうのが至難のようだ。しかし中堅企業やベンチャー企業では逆に採用枠があるのに学生の応募が少なく採用出来ずに困っているという。テレビのインタビューでまだ内定をもらえていない学生が答えていた。大手企業ばかりを受けて結局内定をもらえなかった。今年もう一度大手企業を受けるが、中小企業を受けることは考えていないという。何故大手企業なのかの問いに「大手の方が安定しているから」と何とも漠然とした答えである。私は職があるのであれば就職浪人などせずにまずは働くことを勧める。何故なら働かないといつまでたってもスタートラインに立てないからである。もう一年頑張って希望の会社に行ければいいが、可能性は低くなんの保障もない。就職浪人は社会にとっても本人にとっても大変なロスでもったいないことである。

私自身、守衛のアルバイトから国会議員の秘書になった経験があるが、思わぬ人との出会いや仕事の出会いは働くことでチャンスが来るのであり、働かなければ何も起こらない。希望の会社や仕事ではなくとも一生懸命働くことで道を切り開いていった人達は過去に幾らでもいる。

敗戦から2年後、就職しようにも新たに採用などする会社などない時代である。「便所掃除と風呂番ぐらいはできます」といって軽井沢のホテルに雇ってもらった男がいた。

彼は仕事にありつけたことに喜び、来る日も来る日も早朝は便所掃除、夜は風呂の掃除と与えられた仕事に没頭した。

朝の5時便所掃除をしていると、そんな時決まって顔を合わせる客がいた。その客は常連客のように来ており、そのうち客から声をかけられるようになる。「早くから御苦労だな」、「なんという名前かね」「はい駒村と申します」実は、この声をかけた客こそ西武グループの創業者、堤康次郎(つつみ・やすじろう)その人であった。当時はみな「大将」と呼んでいた。

それから風呂場でもこの大将と顔を合わすようになり、頼まれて背中を流すようになる。「どうして三助(さんすけ)ができるのか?」「はい奉公をしていた時に覚えました」「どう教えられたか?」「はい、アカを落とそうとせず、心臓に向かってこすってやると気持がいいからそうしろと教えられました」「ほう、なかなかいい勉強をしているな」とこの大将は駒村のその実直ぶりと勉強の仕方に感心したようだった。

それから数年後のある日、駒村はグリーンホテルの支配人から呼び出された。何事だろうと支配人室に出向くと、支配人に「駒村君、君が僕の後任だ」駒村は最初何を言われているのか分からずキョトンとていると、「これは大将じきじきの人事だ、有り難くお受けして粗相のないように、まあ頑張れ」

清掃員が支配人に抜擢されたのであるからホテルじゅうが大騒ぎとなったことは言うまでもない。

最後に阪急グループの創業者、小林一三(いちぞう)の言葉を紹介しよう。
「下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ」
 
文責 田宮 卓 

参考文献
上之郷利昭 「堤 義明の人を活かす!」 三笠書房
スポンサーサイト
  1. 2011/02/27(日) 17:37:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新井正明(住友生命元社長) | ホーム | 出光佐三(出光興産創業者)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamiyataku2.blog.fc2.com/tb.php/66-8293b81a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。