偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

高峰譲吉(第一三共創業者)

高峰譲吉(たかみね・じょうきち)略歴
1854年~1922年(嘉永7年~大正11年)三共商店(現・第一三共)創業者。加賀藩典医、高峰精一の長男として、現在の富山県高岡市に生まれる。1873年、工部大学校(現・東大工学部)に入学。1880年、英国留学。1884年、帰国後、米国ニューオーリンズ万国に事務官として出張。1890年、高峰式元こうじ改良法で特許。米国移住。1892年、高峰式のウイスキー製造実験に成功。1899年、日本での同酵素製造販売のため、三共商店(現・第一三共)設立する。67歳で没。

関連サイト
このブログのトップページ(目次) http://bit.ly/xLH35E
偉人の名言格言集 http://bit.ly/o1ny2l





高峰譲吉(第一三共)創業者の知られざる逸話

平成21年7月25日
題名:「今こそパイオニア精神を」



わが国で研究開発型ベンチャーの草分けは誰かと聞かれれば、私は真っ先に高峰譲吉(たかみね・じょうきち)の名前を挙げるが今、彼の名前を知っている人がどれほどいるであろうか。決して忘れてはいけない誇り高き日本人の一人だと思います。

ニューヨークのブロンクスに広大で有名なウッドローン墓地というのがありますが、その案内書によると「科学・発明」の分野でここに眠っているのはたった4人、そのうちの二人が日本人で野口英世ともう一人が高峰譲吉である。案内書には高峰は「近代バイオテクノロジーの父」と紹介されております。

高峰譲吉は、安政元年(1854年)越中国(現在の富山県)に生まれた。明治12年(1897年)、工部大学(現在の東京大学工学部)応用化学科を卒業し、翌年イギリスに留学、その間高峰の脳裏には「欧米に大きく遅れた日本の化学工業をいち早く立ち上げる」という使命感がついて回ったという。帰国後、農商務省に入った。農商務省に職を得た高峰は、肥料による日本の農業改良に乗り出します。高峰がただの頭でっかちの科学者と違っていたのはこれからの動きである。単に日本の土壌にあった肥料を探したり研究するだけでなく、製造、販売を目的とした会社設立を考えた。産業界の重鎮である、渋沢栄一や三井物産の益田孝に対して、わが国の農業経営の特徴からみた人造肥料の効果と意義を力説し、彼らも高峰のビジネスプランに賛意を示し渋沢栄一を社長にした東京人造肥料株式会社を設立した。この会社が日産化学工業株式会社として現在に至っている。

その後アメリカに渡米して研究を続けることになるが「タカジアスターゼ」という消化酵素を発見します。これをデトロイトの医薬品会社パーク・デービスが消化薬として商品化した。胃のもたれがなくなると全米で大評判になりまたたく間に世界に広がった。

高峰は日本での販売権だけを契約から除外しておいた。その2年後、明治32年(1899年)に、日本でタカヂアスターゼを販売する三共商店(旧三共、現第一三共)が塩原又策、西村庄太郎、福井源次郎の3人によって設立され、1913年(大正2年)に三共株式会社となり、高峰は初代の社長となった。これが、世に言う「三共胃腸薬」の第一歩であった。

その後、高峰は医学界の大発見といわれる「アドレナリン」を発見する。「アドレナリンなくして医学会なし」と言われたほどの「世紀の発見」であった。

彼が発見した「タカヂアスターゼ」は100年経った今も胃腸剤、消火剤として使われ、日本だけで年間100万トン生産されていると言われます。もう一つの大発見 「アドレナリン」は、世界最初のホルモン物質(内分泌物質)である。これも今もなお医療の最前線で使われる新薬でその強い止血作用は手術の現場では不可欠だという。これを使うと出血はそれまでの10分の1で済み。「奇跡の薬」「世紀の薬」と称される。

高峰は化学技術を産業に結びつけた最初の日本人であり研究開発型ベンチャーの草分けである。

医薬品の開発はハイリスクハイリターンと言われます。またジェネリック医薬品のグローバル化が進んでおりますが、日本の製薬メーカーはそれに負けることなく高峰のようにパイオニア精神を持って新薬の開発をすることで世界の外資系製薬メーカーと堂々と戦ってほしいものです。


 
文責 田宮 卓
スポンサーサイト
  1. 2009/07/25(土) 14:46:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<山之内製薬創業者 | ホーム | 山本為三郎>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamiyataku2.blog.fc2.com/tb.php/59-773f1f73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)