偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

川田小一郎(日銀総裁3代)の知られざる逸話

川田小一郎(かわだ・こいちろう)略歴
1836年~1896年(天保7年~明治29年)日銀総裁(3代)10月4日土佐国土佐郡旭村(高知県高知市)生まれ。土佐藩に出仕後、三菱財閥の創業者となる岩崎弥太郎を知り、九十九商会時代から弥太郎の配下で管事となって事業を助け、三菱財閥創業期の功労者となる。鉱山、炭鉱関係の事業を推進し三菱の基礎を築いた。岩崎弥太郎の死後三菱の第一線から退き、明治22年、第3代日本銀行総裁に就任。さらに帝国議会開設と同時に貴族院勅選議員になった。日銀総裁在任中に急死。61歳で没

関連サイト
このブログのトップページ(目次) http://bit.ly/xLH35E
偉人の名言格言集  http://bit.ly/o1ny2l





川田小一郎(日銀総裁3代)の知られざる逸話

平成22年9月25日
題名:「法皇として君臨できる理由」

  
昔は○○法皇、○○天皇などと呼ばれて業界に対して絶対的な力を持っていた人物が数多くいた。しかしただワンマンであった訳ではなく人一倍部下に対する面倒みがよく部下思いであるという面も持ち合わせていた。帝人に20数年社長として君臨した大屋晋三は大屋天皇といわれる程ワンマンであったが、人一倍部下に対する面倒見が良かったと聞く。日本銀行の第3代総裁の川田小一郎(かわだこいちろう)も法皇といわれる程のワンマンであったが人一倍部下思いであったようだ。

明治22年(1889年)後に第20第内閣総理大臣となる高橋是清(たかはしこれきよ)は、南米ペルーでの銀山開発で騙され負債を整理するため自宅の家屋敷をも売払い直ぐ裏の家賃6円の長屋に引っ越しをした。女房と二人の息子をかかえ生活はどん底まで落ちていた。

そんな時に日本銀行の法皇といわれた第3代総裁の川田小一郎(かわだこいちろう)が高橋の高潔な人物を認め長屋で浪人させておくのはもったいないと、ちょうど空席だった山陽鉄道の社長のポストを差し出す。当時の山陽鉄道の社長は今のJR西日本よりもはるかに大きい会社の社長といってもいいであろう。しかし高橋はこの話を断る。「ペルーの銀山で失敗し、ヤマ師とまで言われかねない経歴を持った人間を社長にして下さるお気持ちは大変うれしい。しかし、もし私が社長として失敗したら、天下の日銀総裁がその不明を恥じることにもなります。私は鉄道の社長など自信がありませんし、自信がないことは良心が許しません。私は自惚れを捨てたところから出発したいと思っています。どうか、丁稚小僧からやれる仕事を探していただきたい」川田はますます高橋が気に入り、「ではワシのところで玄関番をやってみるか」とたたみかけると高橋は「喜んでやらせていただきます」と答えた。そこで「日本銀行建築所主任」という端役ポストが用意された。しかし一つだけ問題があった。その建築事務所の所長は辰野金吾と言い、以前高橋が英語学校で英語を教えていた時の教え子である。川田は「教え子の下では、ちと、まずいかな」と問うたが、高橋は「そんなことはありません。喜んで辰野さんの下で働きます」と答えた。どこまでも無欲でポストや地位に頓着しない高橋は立派であるが、その後の川田の行動にも驚かされる。日銀で高橋に職を与えたのはいいが、大蔵省(現財務省)の田尻稲次郎が、「高橋のような山師を、信用を重んじる日銀に入れたのはけしからん」と陰口をたたいたのだ。

その陰口を知った川田はおおいに怒り、夜中の1時頃だというのに、二頭立ての馬車を仕立てさせて、田尻の家に乗りこんだのである。田尻は慌てて床から起き出して、川田を書斎に迎え、来意の目的を尋ねた。川田は口を開き「拙者は見るところがあって高橋を採用したのだ。監督官たる貴公が、これに異議があるとのことだが、それでは拙者は日銀総裁たる職責を全うすることができぬから、ただいまかぎり辞職する。」とぶちまけた。田尻はびっくり仰天、言下に失言を取り消して陳謝したが、川田はきかない。とうとう詫び証を一礼入れてようやく一件落着となった。

その後高橋は川田の期待に応え、日銀の総裁まで登り詰め、大蔵大臣(現財務大臣)7回と内閣総理大臣を務め日本の特筆すべき財政家として名前を歴史に残すこととなる。

文責 田宮 卓

参考文献
小林吉弥 「高橋是清と田中角栄 経済危機編」 光文社
小林吉弥 「高橋是清と田中角栄 不況脱出編」 光文社
小島直記 「スキな人キライな奴」 新潮文庫
スポンサーサイト
  1. 2010/09/25(土) 15:13:47|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<安田善次郎と浅野総一郎と鶴見線 | ホーム | 高橋是清(第20代内閣総理大臣)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamiyataku2.blog.fc2.com/tb.php/54-15bb6cb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)