偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

山内健二(アステラス製薬創業者)

山内健二(やまのうち・けんじ)略歴
1899年~1969年(明治32年~昭和44年)山之内製薬(現・アステラス)創業者。兵庫県加古郡(現・加古川市)に農家の五男として生まれる。大正9年、大阪貿易語学学校卒業後、高木商会へ入社。大正12年、大阪市西区に山之内薬品商会を創立。「ゲリゾン」、「アルバジル」などをヒットさせる。昭和15年、社名を「山之内製薬」とする。69歳で没。

関連サイト
このブログのトップページ(目次) http://bit.ly/xLH35E
■後発企業が新規参入するための方法 http://bit.ly/xct0As
■発展する会社はどんな人にも丁寧な対応をする http://bit.ly/AmMcS9
■終身雇用崩壊とともに失われたもの http://bit.ly/xa7tnC
偉人の名言格言集 http://bit.ly/o1ny2l





平成21年8月9日
題名:「真に社員を大切にする経営者」



山之内製薬(現・アステラス)の創業者、山内健二は社員のモチベーションを上げる天才であった。幾つか実際の社員の証言でそのことを記してみよう。
 
山之内製薬の福岡支店に勤務していた社員が1962年(昭和37年)8月の人事異動で、札幌支店の営業管理課長を命ぜられた。赴任の途中、本社への挨拶を終え、翌19日(日曜日)、社員とその家族4人が札幌行きの1時38分日本航空に乗るため羽田空港改札口の雑路に立っていると、突然、山内社長が現れたという。「大変だね」と社長に声をかけられた社員は、お客様のお見送りかお出迎えのために見えたものと思い、「社長のお客様は何時でございますか」と尋ねてみた。すると社長は「いや、今日は君の見送りに来たんだよ。」と言われたという。社員は感激してお礼を言って改礼を通り、大分歩いて曲がり角に来たので後ろを振り返ると、社長はまだ手を振っていたという。

若い新任の課長のために、会社の社長が日曜日にわざわざ羽田空港までお見送りに来てくれた感激は生涯忘れないという。この社員が大いにやる気になって札幌に向かったことは言うまでもない。 

ある部下は東京の経堂に下宿をしていた頃、役員会が長引いて遅くなったので新宿まで山之会長(当時の肩書)の車に同乗させてもらった。すると山内会長はついでに君の下宿まで送ろうと言って、わざわざ遠回をして送ってくれたという。その時会長に「万一、君が病気になった時、下宿先ぐらい知らないようでは困るから」と言われたという。この部下は会長の親心に似た優しさをこの時ほど胸にしみたことはないという。

また山内社長は、平社員の名前も覚えており機会あるごとに「君の誕生日は何月であったな」「君の子供は元気か」と声をかけたという、新入社員に対してもエレベータに乗ってくると「○○君、今日から出社かね」と声をかける。無論、声をかけられた社員は感激し期待にこたえようと大いに頑張る気になったという。

そして山内社長は直筆の手紙で部下、社員に対して常に祝いの手紙、慰労の手紙を具体的なことを言及して送り続けたという。

当時、山之内製薬では山内社長に一言声をかけられることで大いにやる気になり、生涯その言葉が励みになったという社員が沢山いたといいます。

明治、大正、昭和の経営者には山内社長のように社員を本当に大切にし、心を捉えることが出来る人物が多かったです。そういう経営者は社員から信頼されて慕われておりました。今の自分があるのはあの方のお陰、あの方の期待にこたえるために頑張ろうと思ってくれる社員に経営者は支えられておりました。

現在このようなタイプの経営者は少なくなっている気がしますが非常に残念です。

文責 田宮 卓
スポンサーサイト
  1. 2009/08/09(日) 15:51:39|
  2. 山内健二(アステラス製薬創業者)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<細野豪志 | ホーム | 山内健二(山之内製薬創業者)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamiyataku2.blog.fc2.com/tb.php/53-ad9af474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)