偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

田口利八(西濃運輸創業者)

田口利八(たぐち・りはち)略歴
1907年~1982年(明治40年~昭和57年)西濃運輸創業者。長野県西筑摩郡読書村(現・南木曾町)生まれ。昭和5年、トラック運送業開業。昭和8年大垣に進出。戦後再発足して、昭和23年西濃トラック運輸(現・西濃運輸)を設立。同年業界初の長距離トラック運送を開始して現在の西濃運輸への足がかりをつかんだ。その後、全日本トラック協会会長等を歴任。昭和42年、福祉財団法人・田口福寿会設立。75歳で没。

関連サイト
このブログのトップページ(目次) http://bit.ly/xLH35E
田口利八(西濃運輸創業者)語録 http://bit.ly/zPoKlJ




田口利八の知られざる逸話

平成22年9月23日
題名:「心を奮い立たせる花・福寿草」



「踏まれても、踏まれても強く野に咲く福寿草」この句の作者は月賦で買った中古トラック1台を持ってトラック運送業で身を起こし、西濃運輸を創業する田口利八(たぐちりはち)である。

「木曽路はすべて山の中にある・・・一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いた」これは、島崎藤村の「夜明け前」の書き出しであるが、この山深い長野の木曾谷(現南木曾町)で田口は明治40年(1907年)に生まれ育った。この付近に春一番に福寿草という花が咲くらしい。福寿草は長い冬の間、いくたびも雪に押しつぶされながらも、じっと耐え抜いて、やがて花を咲かせて人々に春が来たことを知らせる。この福寿草に自分の歩みを重ねて作ったのが上記の句である。

田口は23歳の時に中古トラック1台から運送業で身を起し、その後数々の苦境を乗り越えて業界トップ企業となる西濃運輸を育て上げた。戦時中は本社のある岐阜県大垣市が大空襲で焼け野原になった。本社構内の倉庫に2発、修理工場に3発を含め計42発の焼夷弾を落とされた。これを全員でぬれむしろでたたき消して戦火を免れた。

戦後はいち早く名古屋━東京間の長距離運送をはじめるため運輸省(現国土交通省)に免許の申請をする。今でこそあたりまえであるが当時は業界の常識を逸していた。長距離運送の行政は鉄道を中心に行っており、燃料も車も道も悪いこの時代にトラックの長距離運送は夢物語であった。運輸省に直談判するが当然取合ってくれない。しかしトラックの長距離運送の必要性を感じている田口は諦めない。また来たかといやな顔されても粘りに粘り、課長、部長、局長と厚い壁を一つずつ突破していく。通い詰めて20日ついに「まあ、検討してみるから正式申請を出すように」とついに運輸官僚を説き伏せて長距離路線の認可を勝ち取ることに成功する。かくして田口はわが国トラック業界の長距離輸送時代のパイオニアとして経済史に名を残すことになった。

「創業から今日まで、苦しいことの連続だった。それを克服することができたのも、あえて困難な道を選んだのも、春を告げる花・福寿草が教えてくれたものだ。踏まれれば踏まれるほど、たくましく育つ福寿草。私はこの野に咲く福寿草が、好きでたまらない」と後に田口は述懐する。 

福寿草精神の句は田口の生き方、歩んできた人生そのものが凝縮されていて何とも味わい深く心打たれる句である。私は福寿草の花を見るたびにこの句を思い出し心が奮い立たされる。

文責 田宮 卓


参考文献
青野豊作 「名言物語 人生の極意、経営の勘どころ」講談社
日本経済新聞社 「私の履歴書 経済人15」日本経済新聞社
島崎藤村 「夜明け前 第一部(上)」 新潮文庫
スポンサーサイト
  1. 2010/09/23(木) 05:14:29|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高橋是清(第20代内閣総理大臣) | ホーム | 後藤新平とベンチャー企業>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamiyataku2.blog.fc2.com/tb.php/45-3e8e564e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)