偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岩田弍夫(東芝元社長)

岩田弍夫(いわた・かずお)略歴
1910年~1992年(明治43年~平成4年)東芝元社長。2月18日愛知県生まれ。昭和9年東大法学部を卒業。同年、東京電気(現・東芝)に入社。昭和51年、社長に就任。不採算部門の見直し、関連会社の経営刷新などで同社の基盤を強くした。昭和63年、日本たばこ産業の初代会長。82歳で没。

関連サイト
このブログのトップページ(目次) http://bit.ly/xLH35E
偉人の名言格言集  http://bit.ly/o1ny2l




岩田弍夫(東芝元社長)の知られざる逸話

平成23年1月23日
題名:「その場で日本一になれば必ず道は開ける」
  

 
「下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ」これは阪急グループの創業者、小林一三(いちぞう)の言葉であるが私はこのフレーズが好きである。昔のあらゆる実業家、経営者の人生を調べてきたが道を切り開いて来た人のほとんどが、不本意であっても与えられた職場で何かを掴み次のステージに進んでいる。この生き方は現在にも通じることだと思うが、状況によっては環境を変えた方がいい場合、環境を変えて成功するケースもあるだろう。しかし先人のケースを見る限りはほとんどのケースが逃げ出さずに、その場で何かを掴みとり這い上がってきている。

1934年(昭和9年)、岩田弍夫(いわたかずお)という男は東京大学法学部を卒業した。成績があまり良くなかったことから官吏や財閥系の企業への就職は諦め、東京電気という会社に入社した。後に芝浦製作所と合併して東京芝浦電気(現東芝)となるが当時はエレクトロニクスが産業の中心になるとは誰も予測は出来なかった。

岩田は早くからプリンスと言われ注目された。トントン拍子に出生をしていき重役候補である本社の部長まで登りつめたが、歯に衣きせず思ったことをずばり言う性格が災いし、幹部と激突して左遷をくらってしまった。本社の部長から子会社の副部長への降格であった。上司は岩田の性格を気に入らず放り出したのだが、岩田はもう辞めてしまおうと辞表を認めた。しかし先輩に「理想の職業など、最初からあるものではない。それは自分でつくりだすものだ」と説得され破棄する。

そして心機一転新たな職場で真面目に働きはじめた。廻りからは岩田は再起不能と見られていたが、元々得意であった経理、財務のスキルを東芝で誰にも負けないぐらいになろうと徹底的に磨いた。それから数年が経つと東芝本体が一時財政危機に陥る。すると今度はこの危機を救えるのは岩田しかいないということになり、急に本社に呼び戻され財務部長に抜擢された。そして東芝の財務を立て直した岩田は同期で一番で取締役になる。その後2年で常務を飛び越え専務に昇進。4年後に副社長とスピード昇進していき、あれよあれよという間に社長にまで登りつめた。

1912年(大正元年)、原安三郎(はらやすさぶろう)という男が早稲田大学商学部を首席で卒業した後、日本化薬の前身である日本火薬製造会社に入社した。化学会社に就職したのに、配属された先が飯場の炊事係であった。思ってもなかった職場であるが原という男は腐らず逆に徹底的に勉強した。米の仕入れ一つにしても「どこの米がうまいか」「米の値段にどういう違いがあるのか」「品質の違いとどう関係があるのか」「どういう流通経路で来るのか」「肥料には何をつかっているのか」等々、調べる気になれば勉強する材料はいっぱいあった。そして、勉強していくと、次から次へと、また勉強の材料が出てくる。最初はつまらないと思っていた日々の仕事にもはりが出てきたと言う。

この原という男は後に日本化薬の社長にまで登りつめる。1935年(昭和10年)に同社の社長になると会長になるまでの38年間社長を務めるというレコード記録まで作る。また幾多の経営不振の会社を再建し、「会社更生の名医」と賞賛された。1970年(昭和45年)には勲一等瑞宝章を受賞する。 


文責 田宮 卓

参考文献
ビジネス哲学研究会【編著】 「心に響く名経営者の言葉 決断力と先見力を高める」PHP
伊藤 肇 「瀬戸際で問われる経営者の倫理」ごま書房
城山三郎 「打たれ強く生きる」 新潮文庫
城山三郎 「静かなタフネス」文春文庫
城山三郎 「サラリーマンの一生 対談」 角川文庫
城山三郎 「ビジネス・エリートの条件」 講談社文庫
スポンサーサイト
  1. 2011/01/23(日) 06:33:12|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伊庭貞剛(住友総理事) | ホーム | 土光敏夫>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamiyataku2.blog.fc2.com/tb.php/36-2f524f43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。