偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

三島海雲(カルピス創業者)

三島海雲(みしま・かいうん)略歴
1878年~1974年(明治11年~昭和49年)カルピス創業者。大阪府豊能郡(とよのぐん)(現箕面市)で貧乏なお寺の子として生まれる。生家は西本願寺派の末寺。1892年小学校を中退。漢学塾で学ぶ、1893年京都の西本願寺文学療に入寮、1899年山口市の開導中学校へ赴任。1901年仏教大学3年に編入。1902年中国に渡り、北京の東文学舎に寄宿。土倉五郎と出会う。1903年北京に日華洋行を設立。1908年内モンゴルで乳酸を知る。1915年中国の事業を手放して帰国。1917年ラクトー株式会社(現カルピス)を設立。1919年カルピスを販売。1922年キャッチフレーズとして、「初恋の味」を初めて新聞広告に使用。1962年三島海雲記念財団を設立。96歳で没。


関連サイト
このブログのトップページ(目次) http://bit.ly/xLH35E
三島海雲(カルピス創業者)の語録 http://bit.ly/pVnPQD





三島海雲の知られざる逸話

平成23年3月30日
題名:「災害時に利益を得る企業とは」




ユニクロを展開するファーストリテイリンググループは3月14日、東日本大震災の被災地へ同社の防寒衣料類7億円分を寄付すると発表した。また、日本赤十字社などを通じ、同社グループから3億円、全世界の同社グループ従業員から1億円の計4億円を寄付。柳井社長も個人として10億円を寄付すると発表した。国内では過去個人の寄付額で10億円は類がないという。

私はめったに現代の経営者を褒めることはないが、今回の柳井社長の心ある行動を立派だと賞賛したい。しかし多額の寄付をすると必ず出てくるやっかみがある。「売名行為」ではないか「節税対策」ではないかという穿った見方である。何とも心の貧しい見方であろうか。

私は今回の柳井社長の行動は将来きっとユニクロに利益として返ってくるのではないかと思っている。もちろん柳井社長はそのことを期待して寄付をしている訳ではないと思う。今多くの心ある人が被災地の人達に自分に何が出来るかを考え行動している。きっとこの人達にも何時か自分も助けられることがあるのではなかろうか。

かつても災害時にとった企業経営者の善意ある行動が、結果企業に利益をもたらした例が幾らでもある。 

1878年(明治11年)、大阪府豊能郡(とよのぐん)(現箕面市)で三島海雲(みしまかいうん)という男が貧乏なお寺の子として誕生した。海雲(かいうん)とはいかにもお坊さんらしい名前である。

しかし海雲は冒険心に溢れチャレンジ精神旺盛であったためお坊さんにはならなかった。仏教大学在籍中に当時青年にとっての憧れの国であった広大な中国へ青雲の志を持って渡った。中国語を学ぶ一方、中国人に日本語を教えたりしていたが、やがて奈良の山林王といわれた土倉家(つちくらけ)の土倉五郎と親しくなり商売に乗り出すことになる。雑貨屋、化粧品など様々な商品を仕入れて行商を行うが、その間、海雲は内蒙古(中国内モンゴル地区)で貴族の天幕にしばらく泊めてもらう機会があり、そこで何とも不思議な体験をすることになる。

彼らの住まいである包(ぱお)というテントの入口に乳(牛や羊など)を蓄えた大ガメが置いてある。彼らは棒で静かに大ガメの中の乳をかき混ぜながら飲用している。海雲も毎日それを飲むことになったが、そのせいか精気が蘇ったようになるから不思議である。海雲はその効果に驚きその時のことをこう述べている「長くつらい旅のために、すっかり弱っていた胃腸の調子が、目を見張るばかりに整い、そのうえ、日ごろ苦しんでいた不眠症が全く治ったのである。身体、頭、すべてがすっきりして、体重も増え、それはあたかも不老長寿(ふろうちょうじゅ)の霊薬にでも遭遇した印象さえ受けた」

蒙古民族の逞しい生活力の源はこの飲物にあるに違いないと確信するが、実はこの体験が海雲の後の運命を決定づけることになった。

海雲は蒙古の王族や貴族に気に入られ、牧羊事業を行うが、1912年(大正元年)、辛亥革命(しんがいかくめい)によって清朝政府が倒れ、牧羊事業が出来なくなりやむなく中国から帰国することになった。

日本に帰ってきた海雲は、何で再起を期そうか考えたが、直ぐに蒙古民族の乳飲料の素晴らしさを思い出し、それを参考に新しい乳製品の開発に着手することにした。何年も試行錯誤を続け研究、改良を重ねた結果、ついに海雲は国民的飲料となる乳酸菌飲料を生みだすことに成功した。これが「カルピス」である。カルピスは蒙古民族の不思議な乳飲料をヒントにつくられたのだ。

1923年(大正12年)9月1日、関東地方を襲った大地震は、家屋全壊13万戸、死者10万人の被害を出し、ことに東京の下町一帯は火災により一面、焼け野原と化した。その時、海雲は渋谷・恵比寿のカルピス本社でこの大地震を経験したが、運のいいことにこの一帯はほとんど被害を被むらなかった。だが、東京の大半は見るも無残な状態。水道が止まって飲み水もままならない。至るところに避難民が溢れた。飲料水の不足を放っておくと、地震、火事の不幸に続いてもっと恐ろしい疫病が蔓延しかねない。

幸いカルピス本社の山手方面では水道の損傷が少なく水が出た。そこで海雲は自分で出来ることは何かを考え水を配ることにした。それもせっかく水を配るのであれば、氷とカルピスを入れて美味しく配って上げようと思いつく。金庫のあり金2000円を全部使い、トラック4台を調達し、翌日の9月2日に東京中に配って回った。この行動の早さには脱帽であるがたちまち大反響となった。

ところがこの海雲の行動を一部の新聞は広告といえども感心であるといった内容の記事を書いた。しかし海雲はこの時の行動をこう述べている「私はカルピスを配ったら広告になるなどという気持ちは微塵もなかった。困った人達を助けたいという、全く純真な、人間としての衝動からだけである。しかしそれが新聞の言うように広告として効果を上げたとしたら、行動に対する天の報酬であったと言うべきであろう。われわれの真心から出た、言わば本能的な行動が、結果として企業にプラスに働いたのである」この震災でカルピスは広く知られることになったが、震災20年経ってから某省の高官が海雲にこう言ったという「私はカルピスのことなら、喜んでどんなことでも協力いたしましょう。それは震災の時に、上野でもらった一杯のカルピスのうまさが忘れられないからです」

カルピスといえば「初恋の味」のキャッチフレーズがあまりにも有名であるが、キャッチフレーズだけで国民に愛飲されるようになったわけではないことがお分かりいただけるであろう。

文責 田宮 卓 



参考文献
青野豊作 「名言物語 人生の極意、経営の勘どころ」講談社
日本経済新聞社 「20世紀 日本の経済人Ⅱ」 日経ビジネス文庫
山本健治 「名創業者列伝」 経林書房
島野盛郎 「食を創造した男たち」ダイヤモンド社
スポンサーサイト
  1. 2011/03/30(水) 17:02:01|
  2. 三島海雲(カルピス創業者)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<犬丸徹三(帝国ホテル元社長) | ホーム | 大谷米太郎(ホテルニューオータニ創業者)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamiyataku2.blog.fc2.com/tb.php/22-bcf67065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)