FC2ブログ

偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

船場 花のれん

山崎豊子の『花のれん』からメモ


■船場商人の日常である一にも二にも勤倹、努力、節約(しまつ)を守るよりほかはない


■船場のお店(たな)奉公でも丁稚7年、手代3年、番頭2年という


■船場の商家で夫に先立たれた場合、一生二夫に目見(まみ)えぬ御寮人さんは、白い喪服を着てこころの証をたてるしきたりがある


■祝儀(ぼち)袋


■東横堀川、西横堀川、長堀川、大川の4つの川に囲まれた四角な地帯がくっきり浮び上がる。そこが大阪の富商が集まる船場である


■あんなスカタンな漫才


■吉本興業の女主人がモデルだと言われる


■船場(せんば)は、大阪府大阪市中央区の地域名。大阪市の中心業務地区にあたる。大坂の町人文化の中心となったところで、船場言葉は江戸時代から戦前期にかけて規範的・標準的な大阪弁とみなされていた


■船場の街区は基本的に40間四方の正方形で、街路は碁盤目状に直交している
スポンサーサイト



  1. 2019/04/25(木) 22:08:09|
  2. トップページ(目次)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<道修町 雑記 | ホーム | 令和 新元号(248番目)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamiyataku2.blog.fc2.com/tb.php/192-53c38ecd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)