FC2ブログ

偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

松方コレクション

■松方コレクション(まつかたコレクション)は、実業家松方幸次郎が大正初期から昭和初期(1910年代から1920年代)にかけて築いた美術品コレクションのことである


■川崎造船所(川崎重工業の前身)社長を務めた実業家松方幸次郎 (1865年~1950年) がイギリス、フランス、ドイツ等で収集した美術コレクションで、西洋近代の絵画・彫刻と日本の浮世絵が主体である


■このうち、近代フランスの絵画・彫刻等約370点は、東京・上野の国立西洋美術館に収蔵、公開されているが、散逸、焼失した作品も多い


■松方コレクションは松方幸次郎が1910年代半ばから1920年代半ばにかけて収集。美術館設立を目指したが、造船所の経営悪化で頓挫


■日本に送られていた1000点超の作品が売却され散逸した


■約8000点の浮世絵は難を逃れ、宮内省を経て、東京国立博物館が所蔵


■松方コレクションは全部で1万点を超す


■第2次世界大戦中、フランスで保管していたコレクションは敵国財産として同政府に募集されたが、戦後、寄贈という形で日本に返還された
スポンサーサイト



  1. 2018/07/02(月) 21:40:55|
  2. トップページ(目次)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<働き方改革 | ホーム | 愛知郡と秦一族>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamiyataku2.blog.fc2.com/tb.php/184-85da91e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)