FC2ブログ

偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

松下幸之助 適材適所

松下幸之助の適材適所の考え方


「人間には非常に魅力のある人がある。その魅力は、どこから生まれてくるだろう。よいとか悪いとか、偉いとか偉くないとかは抜きにして、万物は全部違うものだ。私は私なりの特色をもち、君は君なりの特色をもっているように、みな持ち味が違う。それをお互いに認め合わないといけない。20億の人間がみな寄ってきても、みんな顔形が違う。顔といえばわずか8寸ぐらいの円だ。それが、ある人は鼻が目の上にあるとかいうのならわかるが、鼻というものは誰でも顔の真ん中にある。目はその上にちゃんと2つならんでいる。こうした顔が20億寄せ集めてみても、みんな違うということは、これはたいへんなことだ。驚くべきことだと思う」
出典『物の見方考え方』



松下幸之助は、今日では、同じ仕事を100人も200人もやっているが、20億の人口があれば、20億の仕事ができたら天下泰平だという。これで初めて本当の意味での適材適所が実現し、世界の人類みんながオーソリティになるという



今後、AIの活用が進めば、誰でも出来る仕事は全部AIが行うようになるかもしれない。そうすると、人がする仕事はどんどん専門家していかざるおえなくなる。誰もが自分の特徴を活かし磨いていけば、それこそ幸之助が理想とした適材適所が実現するかもしれない
スポンサーサイト



  1. 2018/03/24(土) 21:16:04|
  2. トップページ(目次)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<愛知郡と秦一族 | ホーム | 松下幸之助 マーケティング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamiyataku2.blog.fc2.com/tb.php/182-a5235b31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)