FC2ブログ

偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

惟宗忠久

惟宗忠久(島津氏の先祖)


■惟宗忠久(これむね・ただひさ)は平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての武将。鎌倉幕府御家人。島津氏の先祖とされる。別名は島津忠久(しまづ・ただひさ)


■出自・生年については諸説ある


■源頼朝から島津荘の下司職・地頭職に任じられた後で守護職に任じられた。そのころから「島津氏」を名乗り始めたとされる


出自
■摂津大坂(のちの大阪)の住吉大社の境内で、忠久を生んだ丹後局(たんごのつぼね)が、源頼朝の側室であったという説がある


■また島津家に伝わる史料では、忠久は母が源頼朝の側室で比企能員の妹・丹後局(丹後内侍)で頼朝の落胤(隠し子)であり、そのため厚遇されたとされる。ただし、この言い伝えはいわゆる「偽源氏説」の一種とされ、現在、学会でこれを史実としている人はいない


■鹿児島では根強く信じられている説に、後白河法皇の第3皇子であった以仁王(もちひと)の、ご落胤というのがある


■いずれにしろ、鎌倉時代から続く名家であることに違いはない


島津荘地頭職任命の背景
■忠久は鎌倉時代以前は京都の公家を警護する武士であり、親戚は大隅・日向国の国司を務めていた


惟宗(これむね)家
■出身である惟宗家は近衛家の家司を代々務めた家で、忠久は近衛家に仕える一方で、源頼朝の御家人であった


■東国武士の比企氏や畠山氏に関係があり、儀礼に通じ、頼朝の信任を得ていたという


■惟宗家が元々仕えていた近衛家は、平季基から島津荘の寄進を受けた藤原頼通の子孫である関白・藤原忠通の長男・基実を祖とする家であり、鎌倉時代から島津荘の荘園領主となっていた
スポンサーサイト



  1. 2017/12/31(日) 21:58:10|
  2. トップページ(目次)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<薩摩隼人の3条件 | ホーム | 松下幸之助 特許>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamiyataku2.blog.fc2.com/tb.php/177-681db44a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)