FC2ブログ

偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

永田町、麹町にあった御屋敷

永田町、麹町にあった御屋敷。住んだ人達


■岩倉具視(公家、政治家)

■前島密(日本郵便の父)
・明治16年(1883年)ころに永田町の家を岩倉具視に売却した

■後藤新平(東京市第7代市長)

■武者小路実篤(小説家)
・東京府東京市麹町区で生まれる
・江戸時代以来の公卿の家系

■樺山資紀(薩摩藩士。海軍大臣)
・孫は白洲正子(作家)
・麹町区永田町にあった自邸はジョサイア・コンドル設計による洋館で、1930年に串田孫
一の父・串田萬蔵に売り、のちに吉田茂の手に渡り、その後参議院第二別館となった

■野津(薩摩藩士)
・この野津の屋敷に、後に陸軍大臣になる上原勇作が下宿した

■高島鞆之助(薩摩藩士。陸軍大臣)
・高島家は樺山家とも野津家とも縁戚にあたる

■加藤高明(外交官・総理大臣)

■山崎種二(山種証券創業者)
・戦時中に麹町3番町の家は焼かれた(出典:そろばん135項)


※麹町(こうじまち)は、東京都千代田区の地名。現在の麹町は旧麹町区にあたる麹町地域内で、新宿通りに沿って半蔵門から四谷見附までの細長い街区を形成している


※永田町(ながたちょう)は、東京都千代田区の地名。江戸城に近いことから大名屋敷が建ち並ぶようになり、江戸末期に暗殺された井伊直弼をはじめとする多くの大名の屋敷があった。2003年(平成15年)の旧首相官邸改築工事の際には村上藩内藤家の屋敷跡が発見されている
スポンサーサイト



  1. 2017/12/05(火) 22:50:10|
  2. トップページ(目次)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日高尚剛 | ホーム | 松下幸之助は読書家だったのか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamiyataku2.blog.fc2.com/tb.php/171-78835ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)