偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

井植歳男(三洋電機創業者)

井植歳男(いうえ・としお)略歴
1902年~1969年(明治35年~昭和44年)三洋電機(現パナソニック)創業者。兵庫県生まれ。大正6年浦村立小学校高等科を卒業して義兄松下幸之助が創業した松下電器(現パナソニック)に入社。昭和10年同社専務。昭和21年松下電器を退社して、翌年三洋電機を設立。昭和43年会長。66歳で没。著書に「八千万人の人生経営」他。

関連サイト
このブログのトップページ(目次) http://bit.ly/xlkcNu
井植歳男(三洋電機創業者)語録 http://bit.ly/qPe1qb
三洋電機誕生秘話 http://bit.ly/Acge1S





井植歳男の知られざる秘話

平成23年10月31日
題名:「世界を股にかける男」




「イギリス人は七つの海を制して、大西洋をわが庭としたというが、自分の夢は、さしずめ、太平洋のかなたに向かって、大きな虹の橋をかけることだ」

この言葉は兵隊検査で久しぶりに故郷の淡路島(兵庫県)に帰った三洋電機(平成21年にパナソニックの子会社となる)の創業者、井植歳男(いうえとしお)の20歳の時の感慨である。私はこの井植の世界を股にかけて活躍しようという気概が何よりも好きだ。それも日本が経済大国となるはるか昔に描いた夢である。

井植は松下幸之助の義理の弟であるが、幸之助に関する本は山ほどあるのに対して井植に関する本となるとほとんどない。だが、関東の日立、東芝の重機メーカーに対して、関西は松下、シャープ、三洋が家電一本で事業展開をしてきた関西の家電御三家である。三洋も御三家の一社に名を連ねる。つまり井植歳男も松下幸之助や早川徳治(シャープの創業者)と並ぶ戦後の家電業界を牽引した列記としたパイオニアには違いないのである。

井植は淡路島の生まれで、父親が船乗りであったことから初めは船乗りを志していた。13歳の時に父親が急性腹膜炎で亡くなり、高等小学校を出るとすぐに船に乗った。ところがその船が、たまたま大阪の安倍川で倉庫の爆発に遭い、井植は命からがら陸岸めざして油っぽい海を泳いで命拾いするという経験をする。そんないきさつがあり、こんどは姉の嫁ぎ先である松下幸之助の仕事を手伝うことになった。船乗りになるつもりが、河童(カッパ)が陸に上がった形で電気器具をつくることになったのだ。以来、50数年間、電機産業一筋で突き進むことになる。戦後は義兄の幸之助と別れて三洋電機を創業する。 

三洋を創業した時は、まだ敗戦の傷跡が残り、食糧不足、物不足で日本中が生きることだけで精一杯の時である。井植は松下電器時代からの借金があり、実質的にはゼロからのスタートではなくマイナスからのスタートだったといっていいだろう。わずか20名の出発であったが、その時の井植の社員の前での訓示がふるっている。明確に世界を意識しているのだが、恐らく社員の半分は夢物語にしか思わなかっただろう。

「本日、ここに三洋電機製作所北条工場を創業する。総勢20名で出発する工場であるが、われわれの前途は大きい。ここで製造する発電ランプは、近い将来、200万個売れる。いまや世界の人口は27億人、そのうち自転車常用者は約10億人、その人達の半分にわれわれの発電ランプをつかってもらうつもりだ・・・」

「ええか、敗戦呆けから一刻も早く立ち直ることや。それには島国根性を捨てないかん。三洋は、これから世界一の発電ランプメーカーになるんやという自信をまず持たないかん・・・」

そして世界を股にかけて商売をしようと名前を三洋とネーミングした。三洋とは太平洋、大西洋、インド洋のこと。世界を販路にしようという思いが込められている。

海は世界に繋がっている。海の男というのは小さい頃から自然とそのことを意識しているのだろう。実は淡路島出身の実業家は井植以外にも、もう一人いる。ワールドの創業者、畑崎廣敏である。ワールドという社名もやはり世界的な企業にしようという思いでネーミングしたものである。

3月の東日本大震災で、親が漁師であったので小さい頃から自分も漁師になるつもりだったのが、余儀なく方向転換をした若者や、方向転換を迫られている若者が多くいるときく。

井植も船乗りになるつもりが全く畑違いの電気器具に携わることになった。私はきっと東北の地からも井植のように世界を股にかけて活躍する人材が出てくると確信する。

また、これから少子高齢化、円高と様々な要因から国内だけで商売をしている企業は存続が難しくなるだろう。

野田総理もTPP参加と腹を固めているようだ。恐らく日本もTPPに参加することになるであろう。これからいよいよ農家もビジネスマンも皆、世界に目を向けなければいけない時代となるであろう。



文責 田宮 卓
スポンサーサイト
  1. 2011/10/30(日) 16:09:39|
  2. 井植歳男(三洋電機創業者)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<森永太一郎(森永製菓創業者) | ホーム | 中上川彦次郎(三井銀行改革者)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamiyataku2.blog.fc2.com/tb.php/14-c5399bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)