偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

武見太郎

武見太郎(たけみ・たろう)略歴
1904年~1983年(明治37年~昭和58年)日本医師会会長、世界医師会会長。京都府生まれ。慶應義塾大学医学部卒。開業医として生計を立てながら政財界の要人と交流する。昭和32年から25年間に渡って日本医師会会長を務め、「自由主義経済化における開業医の独立を守る」と、医師のなかでも主に開業医の利益を代弁した。戦後の厚生行政に於いては各種審議会の委員を委嘱され、時には保険診療の拒否を強行するなど厚生省の官僚との徹底的な対決をも辞さない姿勢はケンカ太郎と言われた。医師会内部でも自分の意に沿わない医師を冷遇するなど独裁的な権力を揮い、医師会のみならず薬剤師会・歯科医師会を含めたいわゆる「三師会」に影響を及ぼし武見天皇とまで呼ばれた。

関連サイト
このブログのトップページ(目次) http://bit.ly/xLH35E
武見太郎語録  http://bit.ly/Jpltge




平成22年3月28日
題名:「名人への道は一つではない」



昔、銀座4丁目の教文館ビルの一室の入り口に変わった張り紙がしてある診療所があった。次のような人は順番にかかわりなく、直ぐに診察しますという張り紙である。

一、特に苦しい人
一、現職の国務大臣
一、80歳以上の高齢の人
一、戦時職務にある軍人

戦時中に掲載されたものであるが戦後大分たってからも張ってあったようだ。近衛文麿元首相がこの診療所の患者の一人で首相の地位にある時は番外に診てもらっていたが、首相でなくなってからは、お行儀よく順番を守っていたという。この診療所は昭和13年、岩波文庫の創業者、岩波茂雄の世話で開かれたもので、岩波の紹介で幸田露伴、西田幾太郎、鈴木大拙等、国宝級的な人物が何かあるとこの診療所に足を運んだ。また幣原喜重郎元首相はじめ多くの大物政治家も足を運ぶようになり、この診療所の主である医師をかかりつけ医にすることが大物政治家である身分証明書の代わりになるとまで言われた。

この診療所の主は後に日本医師会会長に長年にわたり君臨する武見太郎である。武見はワンマンであり、日本全国の8万人の医師をひきいて、厚生省や、健保団体を相手に戦ったので武見天皇、ケンカ太郎の異名を取った。日本医師会の歴史で彼ほど存在感のあった会長はいないであろう。

住友銀行の堀田庄三頭取の秘書役であった樋口廣太郎(後に住友銀行副頭取、アサヒビール会長)は日本でも高名な2名の名医から医療に対する考え方を知ることができたという。一人が、日本医師会会長を長く務めた武見太郎先生、もう一人が東京大学の医学部の教授として、日本の神経内科学に大きな功績を残され、退官後は虎の門病院の院長を務められた沖中重雄先生である。2人とも名医に違いないが診察のやり方が180度違ったという。

武見先生は自らが堀田頭取の血を採たり、血圧を測るという作業をおこなう。いくらでも若い優秀な医師を雇い、彼らにやらせればいいものを、「ぼくがすれば痛くないよ」と声をかけながら診察を進める。軽いスキンシップをしながら、いつもニコニコしており「大丈夫、大丈夫」と声をかける。患者の質問には丁寧に答えるので常に患者はリラックスしていられる。医療保険制度をめぐって厚生省と大論争をしたことから「ケンカ太郎」と異名を取ったが、実際のイメージは全く違う優しい人であったという。

もう一人の堀田頭取の主治医の沖中先生は全く違うタイプで、自分で聴診器を当てたり、脈をとることをされなかったという。いろんな専門医に検査を頼み、集まったデータをじっと見てまた戻ってくる。専門医の判断を聞きに行かれているようだ。その場で簡単に決断を下すことはなく3日後とか1週間後にまた来て下さいという。非常に慎重であった。

沖中先生は「医師の専門分野は狭いしそれぞれの専門分野がある。たとえ若い医者でもしっかり勉強していれば、自分より良い診断が出来るはず。自分の専門以外は、この病院で最も適任だと思う先生に診てもらう」ただ「各専門家のデータを総合的に判断する点では、経験が長いぶんだけ私に1日の長があるかもしれない。だから総合的な判断は私が下している」という。

2人とも日本の名医であったことは事実であるが、診察の手法が全く違うところが面白い。他のどんな職業も同じで名人になるための手法は一つではないかもしれない。幾つかの道があるはずで、自分に向いていると思う手法で自分を磨いていけばよいのではなかろうか。 
         

参考文献
樋口廣太郎 「つきあい好きが道を開く」日本経済新聞社
杉森久英  「風雲を呼ぶ男」 時事通信社
スポンサーサイト
  1. 2010/03/28(日) 22:10:50|
  2. トップページ(目次)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<石橋湛山 | ホーム | 野口英世>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamiyataku2.blog.fc2.com/tb.php/111-abefa2f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)