偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

鬼塚喜八郎

鬼塚喜八郎(おにつか・きはちろう)略歴
1918年~2007年(大正7年~平成19年)アシックス創業者。鳥取県気高郡明治村(現・鳥取市松上)生まれ。旧制鳥取一中(現・鳥取西校)卒。昭和24年、鬼塚商会創業。昭和52年、ジィティオ、ジェレンクと合併してアシックスを設立して社長に就任。東証一部。89歳で没。

このブログのトップページ(目次) http://bit.ly/xLH35E
鬼塚喜八郎(アシックス創業者)語録 http://bit.ly/GXSIV0




鬼塚喜八郎の知られざる逸話


平成24年3月28日
題名:「商いの厳しさ」



「命まで取られへん、だめならやり直せばいい」
鬼塚喜八郎(アシックス創業者)

私の創業者の名語録でとても好きな語録の一つが鬼塚会長のこのシンプルな言葉である。先日、この鬼塚語録 http://bit.ly/GXSIV0 の記事を見た人からコメントを頂いた。

鬼塚会長に生前、ランチェスター協会の会合で偶然隣の席になったので、その縁で名刺交換をしてそのお礼に葉書を送ったら、その後、なんと鬼塚会長から韓国から立派な封書手書きの励ましのメッセージを頂いた、という内容のものであった。この方はこの封書を今でも宝物として節目節目に読み返しているという。

私のように創業者の秘話やエピソードを書いているものにとって、このように実体験談を教えてくれることほど、有り難くまた興味深いことはない。

この鬼塚会長のエピソードを拝見し、やはり創業者は違うなと感じた。どんなビジネス本にも「礼状を書くこと」というのはビジネスの基本として教えているが、恐らくそれを長年、実践し続ける人は僅かであろう。

鬼塚会長がわざわざ手書きで礼状を出すのは、礼儀であったり、人のご縁を大切にする気持であったり、また何時お客様になってくれるかもしれない、といった色々な思いがあってのことだと思うが、恐らくずっとこのような謙虚な姿勢で鬼塚会長が日々、人と接してきたからこそ、今日のアシックスがあるのだと思う。逆にいうと、「返事なんて書いている暇あるか」といったような僅かでも驕った気持ちや、人を粗末にする気持が出ると商売が立ち行かなくなることを示唆しているようで、同時に商売の厳しさというものも感じる話である。

また、以前、私の父親が住宅設備最大手の現・住生活グループ(トステム、トーヨーサッシ)の創業者、潮田健次郎(うしおだ・けんじろう)から直筆の手紙をもらったことがあった。

1993年頃、バブルが弾けて会社員であった父は54歳の時にリストラにあった。今では業績が悪くなれば人員削減するのは当たり前のことではあるが、当時リストラは大変な社会問題であった。父をリストラした会社で自殺者が出たり、そのことでリストラのスペシャル番組が組まれテレビで放映されたりしていた。

54歳という年齢で転職先を探すことは容易ではない。職務経歴書を人事部に送ってもまず年齢で切られることは目に見えている。そこで父がとった行動が、紳士録などで社長の自宅を調べ、職務経歴書を直接社長の自宅に「速達」「親展」「書留」で郵送することであった。海外出張などで不在の場合は仕方ないとしても、かなりの確率で社長本人に職務経歴書を見てもらえると踏んだのだ。

そして郵送先の一つが住生活グループの潮田社長宅であったが、潮田社長からはなんと丁寧な直筆の手紙が届いた。内容は、まずご丁寧なお手紙を有難うございますというお礼から始まり、今会社の状況が○×△なので採用はしておらず、大変申し訳ないがご期待に添うことは出来ないが、良いお仕事に就けますことをお祈り申し上げる、といった、これまた大変丁寧なものであった。

やはりここが創業者の凄いところだと思う。こっちから一方的に送った手紙(職務経歴書)である。本来返事などする必要もなければ、仮に返事をするとしても人事部か秘書にさせればいいことである。

このような話は2代目、3代目の社長にはあまり聞かない。一方的な手紙であっても、直筆で手紙を返すところに創業者の凄さ、商売の厳しさというものを私は感じる。

ちなみに父は結局アミューズメント業界のセガに転職が決まった。当時の中山隼雄社長の自宅に送った職務経歴書を中山社長が人事部に「面接して良かったら採ってみろ」と廻してくれたのだ。面接を受け部長というポジションで見事採用となったのだが、驚くことにこのポジションの募集年齢は40歳までであった。54歳の父は普通に人事部に職務経歴書を送っていたら100%書類選考で落とされ面接すらしてもらえてなかったであろう。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/28(水) 21:22:32|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<潮田健次郎 | ホーム | 主要参考文献一覧>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamiyataku2.blog.fc2.com/tb.php/109-f6768386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)