偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

ファイザー社

このブログのトップページ(目次) http://bit.ly/xLH35E
盛田昭夫(ソニー創業者)語録集(開発編) http://bit.ly/w1toyf



平成21年10月24日
題名:「企業も個人もチャレンジ精神がなくなると将来性もなくなる」


「ファイザー社では、未知の領域を克服することが伝統として受け継がれています。誰も他に取り組む者のいないような難関に何度も挑戦することによって、わが社の姿が形づくられたのです。私たちの進取の精神が偉大な功績を可能にしたのです。」1992年にファイザー社のCEOに就任したウィリアムC.スティアJrはこのように語った。

確かにファイザー社の歴史は、大胆な決断に満ちた革新と冒険の歴史であったといえるが、それはファイザー社を設立した二人のチャールズ、「チャールズ・ファイザー」と「チャールズ・エアハルト」がパイオニア精神を植え付けたからに他ならない。

スティアは一に研究、二に研究、三に研究と主要製薬会社のほとんどがジェネリック(後発医薬品)会社の販売網を合併・買収にやっきになっている時にこう主張し続けた。

スティアが会長に就任すると社員達はジェネリック(特許の切れた医薬品である後発医薬品を製造する会社)を買収するべきだと主張したが、わが社はジェネリックではなく研究開発型の企業であり、知的所有権こそわが社の命綱であることを主張し研究開発に経営資源を集中させた。このスティア会長の決断と実行が結果的にファイザー社を世界一位の製薬会社になることに貢献することになった。

日本でも1958年(昭和33年)「週刊朝日」誌上に、当時の人気評論家である大宅壮一が「ソニーはモルモットである」という趣旨の文章を掲載し話題を呼んだ。この文章は東芝をテーマにしたものだが、その中で大宅は「トランジスタではソニーがトップメーカーであったが、現在ではここも東芝がトップに立ち、生産高はソニーの2倍半近くに達している。つまり、儲かるとわかれば必要な資金を投じられるところに東芝の強みがあるわけで、なんのことはない、ソニーは東芝のためのモルモット的な役割を果たしたことになる」と書いたのである。この文章を読んだソニーの創業者の井深と盛田は、初めは憤慨したが「ひとつひとつ開拓して商品にしていくのがモルモット精神だとすると、モルモット精神も良いではないか」とモルモットという皮肉を先駆者と置き換え「ソニー・モルモット論」を逆に展開した。この開拓者魂がソニーを世界的な大企業にまで発展させた要因ともいえよう。 

また発展する企業には必ず健全な赤字部門があると言われます。すなわち将来の発展の原動力となる新しい事業の芽を探す部門があるということである。逆に新しいことにチャレンジしていく精神やそのための投資をしなくなった瞬間にその企業の将来性もなくなるともいえるかもしれない。

このことはビジネスパーソンも同じで、新しい仕事にどんどんチャレンジしていく気持ちや自己研鑽の気持がなくなりなり守りに入った瞬間にその人の将来性もなくなるといえるかもしれな。

文責 田宮 卓  

参照

盛田昭夫(もりたあきお)経歴(プロフィール)
1921年~1999年(大正10年~平成11年)ソニー創業者の一人。1月26日愛知県名古屋市生まれ。大阪大学理学部物理学科卒業。1946年、東京通信工業(ソニーの前身)取締役に就任。1959年、ソニー代表取締役副社長に就任。1971年、社長。1976年、会長。藍綬褒章受章。勲一等瑞宝章授与。78歳で没。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/24(土) 13:59:25|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<渋沢栄一と岩崎弥太郎 | ホーム | ファイザー社誕生秘話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamiyataku2.blog.fc2.com/tb.php/104-66afc105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)