偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

日本人が失いかけている大切な

このブログのトップページ(目次) http://bit.ly/xLH35E
幕末の志士語録集 http://bit.ly/zRORdP
歴代総理大臣語録一覧 http://bit.ly/wBersx




平成24年2月26日
題名「日本人が失いかけている大切な心」



ここ最近、昔の日本の政治家や実業家が遺した語録を調べているが、調べていて一つ気付いたことがある。現代の人達の語録にはあまりないが、昔の人達の語録にやたらに多い言葉が一つある。それは「誠」という言葉である。

誠実さ誠意、正直、嘘をつかないということを総称して「誠」という言葉に集約したが、こういった心掛けは、本来、日本人がもっていた良き精神であったのに、現代の人達が失いかけている心ではなかろうか。

江戸から明治になる時に、日本は同じ国でありながら全く別の国家が出来たのかと思えるほど国のシステムが変わっている。この時の為政者はドサクサに紛れて何でも遣りたい放題出来たのではないかと思う。ましてや、今のように新聞やTVやインターネットといったメディア媒体は存在しない。都合の悪い事があれば幾らでも隠すことができたはずである。実際に国民に知らせない方が良いと政治判断したものにはフタをしてしまったことはあるのではないかと思う。

しかし、基本精神にはどこまでも「誠」という心が根底にあったのではないかと思う。そのことを昔の人達が遺した語録から推察することが出来ると思う。

まず明治維新の立役者の一人、勝海舟(かつかいしゅう)に「誠」を政治信条にしていたことが分かる語録がある。「政治家の秘訣は、何もない。ただただ正心誠意(せいしんせいい)の4文字ばかりだ。この4文字によりてやりさえすれば、たとえいかなる人民もこれに心服しないものはないはずだ」

そして明治時代を切り開く人材を育てた吉田松陰(よしだしょういん)も勝海舟と似たような言葉を遺している。「至誠(しせい)にして動かざる者は未だこれあらざるなり」

明治20年、西南戦争をきっかけとするインフレーションの進行を食い止めるために、大蔵卿に任ぜられた松方正義(後の総理大臣)は紙幣整理、増税、日本銀行の設立など様々な諸策を強行したが、後にこのインフレを鎮静化した当時を振り返ってこのように述べている。
「我に奇策あるに非ず、我は 寧ろ奇策を忌む。唯正直あるのみ、正直に之を行へは人民必ず之を信せん」、松方といえば明治天皇に「子供は何人いるのか」と聞かれて、「その件につきましては、きちっと調べて後日ご報告します」と答えたほど、沢山の愛人やその子供がいた。私生活は賑やかであったが、政治となると誠意を持って事にあたっていたことが伺える。

実業家にしても同じである。私はもし「日本の商人道」というものを確立するとするならば「嘘をつかない」ということが土台になるのではないかと思う。それだけこのことを商売道徳の柱としていた実業家は多い。

「商売は正直でなければ栄えません」森永太一郎(森永製菓創業者)

「正直は最善の商道である」服部金太郎(セイコー創業者)

「長い間に自分が得た商売人としての小さな哲学は、商人はいかなるときでも嘘をいわぬこと、というものである。数字なるものは非常に正直な生きものであるから、一度、嘘をつくと何倍かになって暴れ出す」伊藤忠兵衛(伊藤忠商事、丸紅の創業者)

「商売人は、ときとすると、駆け引きをし、嘘をつくことを商売の常道と考えがちであるがこれはとんでもないあやまちだ。世の中に立っていく以上は、士魂商才の精神を持って進まなくてはならない。」杉山金太郎(旧豊年製油・現J-オイルミルズ創業者)

昨年、発覚したオリンパスの損失隠し事件、また今年に入ってAIJ投資顧問の企業年金2千億円が消失していたことが明るみになった。経営者が「誠」という心を失うとこのような行為に走ってしまうのであろう。

そしてどうにも誠意を感じられない企業がもう一社ある。昨年、原発事故を起こした東電である。社長が「電気料金の値上げは事業者の権利」と発言し、取引先や世間を怒らせたが、この言葉からは誠意や謙虚さというものがまるで感じられない。事故から一年たってもその姿勢が何ら変わらないことに落胆させられる。

東電といえば、元々は木川田一隆(きかわだかずたか)、平岩外四(ひらいわがいし)といった経営者としても人間としても立派な人物が社長をしていた企業である。平岩は常に公明正大、どんな人にも誠心誠意接する人柄。平岩が目の前に現れると思わず袖を正さずにはおれなかったと幾人もの人が証言している。同じ企業の社長なのに何故こうも違うのかと思うが、東電に限らず「都合の悪いことは隠す」、「腐い物には蓋」、会社を守るためには当然の行為と、およそ誠意に欠ける企業風土というのが現代に蔓延しているのではなかろうか。

「誠」という心を何も経営者や政治家にだけ求めるのではなく、今一度、日本人皆が取り戻すことを考えていかなければいけないのではなかろうか。

文責 田宮 卓


参照

勝海舟(かつかいしゅう)経歴
1823年~1899年(文政6年~明治32年)幕人、明治初期の政治家。位階勲等は正二位勲一等伯爵。山岡鉄舟、高橋泥舟と共に「幕末の三舟」と呼ばれる。幼名は麒太郎(りんたろう)。海軍塾や神戸海軍繰練所の設立。第2次長州征伐の停戦交渉。駿府城会談と江戸城無血開城など、溢れる戦略と戦術の両面を活かして活躍した幕人の最重要人物。舌鋒も鋭く坂本竜馬や西郷隆盛などからも高評価を受ける一方、同僚である幕人からはひどく嫌われてもいた。名言多数。76歳没。

吉田 松陰(よしだしょういん)経歴(プロフィール)
1830年~1859年(文政13年~安政6年)長州藩士、思想家、教育者、兵学者。萩城下松本村で長州藩士・杉百合之助の次男として生まれる。1854年、ペリー2度目の来航の際、長州藩足軽・金子重之助とともに密航計画を企てるも失敗、萩の野山獄に幽囚される。1855年、生家で預かりの身となるが、1857年、叔父の玉木文之進が開いていた私塾・松下村塾を引き受けて主宰者となり、高杉晋作をはじめ久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋、吉田稔麿、前原一誠など、維新の指導者となる人材を教え育てる。1858年、幕府が勅許なく日米修好通商条約を結ぶと松陰は激しくこれを非難、老中・間部詮勝の暗殺を企てた。長州藩は警戒して再び松陰を投獄。1859年、幕府の安政の大獄により長州藩に松陰の江戸送致を命令。松陰は老中暗殺計画を自供して自らの思想を語り、同年、江戸伝馬町の獄において斬首刑に処される。29歳で没。
スポンサーサイト
  1. 2012/02/26(日) 14:15:03|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高橋是清

高橋是清(たかはし・これきよ)略歴(プロフィール)
1854年~1936年(安政元年~昭和11年)日銀総裁、大蔵大臣、第20代内閣総理大臣歴任。江戸生まれ。1875年、東京英語学校教師となる。1881年、農商務省工務局に入る。1892年、日銀に入る。1911年、日銀総裁となる。1913年、大蔵大臣、1921年、第20代内閣総理大臣。総理大臣辞職後も農商務相、大蔵大臣を歴任。1936年、2・26事件。赤坂の私邸で反乱軍の襲撃を受け、青年将校に射殺される。83歳で没。

関連サイト
このブログのトップページ(目次) http://bit.ly/xlkcNu
高橋是清語録集(人生編) http://bit.ly/wLeH1b
高橋是清語録集(経済編) http://bit.ly/yzpYml
高橋是清語録集(仕事編) http://bit.ly/x82u3I
歴代総理大臣語録一覧    http://bit.ly/wBersx
高橋是清の知られざる逸話他
■ポストに執着しない男  http://bit.ly/w0vemP





高橋是清の知られざる逸話

平成24年2月7日
題名:「官僚に何故自殺者が多いのか」



「栄枯盛衰(えいこせいすい)は人生の常である。順境は、いつまでも続くものではなく、逆境も、心の持ちよう一つで、これを転じて順境たらしめることも出来る。逆境の順境は、心の構え方一つで、どうにでも変化するものである」高橋是清(たかはし・これきよ)

上の言葉を残した高橋是清(たかはし・これきよ)は金融の番人といわれる日本銀行の歴代の総裁で唯一その肖像が日本銀行券に使用された人物である(昭和25年~昭和32年にかけて発行された50円札の肖像が高橋是清)。

高橋は日本銀行総裁の他、大蔵大臣(現・財務大臣)を計7回歴任し、第20代内閣総理大臣も務めた人物である。これだけ聞くとずっと勝ち組みできた人物と思われるかもしれないが、決してそうではない。今まで日本は伊藤博文が初代の総理大臣になってから62人(現・野田総理まで)の総理大臣が誕生しているが、総理になった人で高橋ほど職を転々とし、波瀾万丈の人生をおくった人はいないであろう。

高橋は安政元年(1854年)に生まれ、昭和11年(1936年)に亡くなるまでのその83年の生涯で転職はゆうに20回を超えている。10代の時に留学生としてサンフランシスコに行ったのが、そこで奴隷として売られたり、芸者の箱屋(三味線運び)をしていたこともあれば、南米ペルーの銀山開発に誘われて行ったら、これまた騙され、結果高橋は負債を整理するために自宅の家屋敷をも売払い、女房と二人の息子をかかえ、どん底の生活まで落ちたこともあった。

しかし高橋はどんな逆境も乗り越えてついに総理大臣にまで昇り詰めた人物である。最初の言葉はそんな高橋だからこそ説得力があるといえるだろう。

高橋に限らず、古今東西、歴史に名を残した偉人をみてみると最初から最後まで順調だった人はまずいない。必ず逆境や不運に遭遇はしている。ただその時にお先真っ暗と思うか逆に飛躍のチャンスと捉えて頑張るかで大きく人生が変わるのだが、無論、偉人といわれる人は皆、後者の生き方をしている。

カーネギーの名言集に収められている言葉にもこのようなものがある。

「二人の囚人が鉄格子から外を眺めたとさ。一人は泥を見た。一人は星を見た」
フレデリック・ラングブリッジ(アイルランの作家)

「どのような教育も逆境には及ばない」
ディズレーリ(英国の政治家)

また、松下幸之助は
「人間の心というものは、孫悟空(そんごくう)の如意棒(にょいぼう)のように、まことに伸縮自在である。その自在な心で、困難なときにこそ、かえってみずからの夢を開拓するという力強い道を歩みたい」(参照:その他の幸之助語録集(逆境編)http://bit.ly/oO0kre)

という言葉を残してくれた。ようするに人は生きている限り、挫折することもあれば必ず不運も訪れる、しかしその時に自分がどう思うかで先々が大きく違ってくるということだ。

日本ではあまり表に出てこないが自殺者の多い職業に官僚がある。なかでも昔から一番自殺者が多いのが大蔵省(現・財務省)といわれる。大蔵省といえば官庁の中の官庁。ほとんどの人が東大を優秀な成績で卒業し優秀な成績で大蔵省に入りエリートの道を歩んでいく。

しかし問題は彼らに限らず、日本では失敗をしないことが善とされ、失敗することは人生の落伍者として扱われる。

特に大蔵官僚のようなエリートの道を歩んできた人ほど、失敗した時に立ち直ることが出来ない。ここで頑張ればまだ幾らでも道はあるだろうに、いやむしろこの逆境を克服してこそ初めて人間的にも大きくなれるはずなのに、そちらに目が向かず自ら命を絶ってしまうケースが多い。

失敗しないことを善(減点主義)とする日本の社会はどうかと思う。また私は先人達の逆境も順境も「心の構え方一つで変わる」という言葉に勇気づけられるし、こういうことを教えていくべきだと思う。

文責 田宮 卓
  1. 2012/02/07(火) 12:14:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0