偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

田中角栄「約束を守る政治家」

田中角栄(たなか・かくえい)略歴
1918年~1993年(大正7年~平成5年)内閣総理大臣(第64・65代)。新潟県刈羽郡で誕生。二田尋常高等学校卒。1934年、理化学研究所の大河内正敏所長を頼りに上京。住み込みなどを経て、建築設計事務所を開く。1936年、中央工学校土木科卒。1947年、2度目の立候補で衆議院議員に初当選。郵政相、蔵相、自民党幹事長、通産相を歴院。1972年、第64代内閣総理大臣。1976年、ロッキード事件で逮捕される。75歳で没

関連サイト
このブログのトップページ(目次)http://bit.ly/xLH35E
田中角栄俯瞰情報インデックス http://bit.ly/xFenGU





田中角栄の知られざる逸話

平成22年10月31日
題名:「約束を守る政治家」
 



昨今、政治家の言葉が軽くなったといわれる。どんないい政策を口にしようと結局のところ信用がなければ実現は難しいのではなかろうか。与野党の政治家とはず、約束は守る。言ったことは実行する。こういったあたり前のことの積み重ねがあって初めて国民が信用し発言にも重みが出て、政策の実行に移せるのではなかろうか。昔の政治家の方がこのことに重きを置いていた、例えば故・田中角栄がそうであった。

自民党副総裁まで登り詰め、87歳まで現役であった二階堂進(にかいどうすすむ)は「趣味は田中角栄」と言い放ったのは有名な話であるが、田中の方が9歳も年下である。9歳も年下の男をそこまで言い放つとはよほどの惚れ込みようといえるが田中との最初の出会いがそうさせたのかもしれない。

二階堂が衆院商工委員長に就任したのは当選5回(旧鹿児島3区)の時で、1963年(昭和38年)池田政権下であった。就任早々、1964年度予算の編成がはじまった。そんな時二階堂のもとにジェトロ(日本貿易振興会)会長の杉道助(すぎみちすけ)が訪れて来た。ジェトロは前々から5億円の政府出資を強く求めていたが、毎年、大蔵省査定(現財務省)はゼロ。杉は、「これだけは是が非でも獲得してほしい。私の冥土のみやげにしたい」と懇願してきた。杉は大阪商工会議所会頭を長年つとめた関西財界の重鎮、ジェトロ生みの親でもある。この時既に79歳の高齢であるがジェトロにかける杉の情熱に心打たれた二階堂は「引受けました」と承諾する。そして若き大蔵大臣(現財務大臣)であった田中角栄を訪ね直談判する。田中は「わかりました。約束しましょう」とあっさりとOKした。「それは男の約束ですね」と二階堂は念を押して別れた。しかし事務次官折衝の段階で削られ、ジェトロ担当官庁の通産省(現経剤産業省)も降りてしまっていた。予算案ができあがり、閣議にガリ版刷りが持ち込まれる直前に、杉会長から「5億円が入っていません」と電話がかかった。二階堂は慌てて大蔵大臣室に駆け込んで「ジェトロの5億円は、男の約束だったのではないか。一体どうしたのか」と詰め寄った。田中は「そうか。すまなかった」と言うなり、直ぐに主計局長を呼び「大臣命令だ」と5億円の計上をその場で指示したのである。この書類訂正のため、予算閣議が約1時間遅れた。

杉は翌年死去し言葉どおり冥土のみやげになった。「あの時の男の約束が田中さんと私の最初の人間的な出会いであった」と後に二階堂は述懐する。竹下登が創政会を旗揚げした時も二階堂はこれに与せず最後まで田中を支えた。

また、休日の東京・目白の田中邸には朝から各界、各層の陳情客が100人単位で列をなしていたというが、田中は一人一人順番に陳情の内容を聞き「よし分かった」「それは出来る」「それは出来ない」とその場で陳情をさばいていった。田中が「分かった」と言ったものに関しては100%実行されたという。

この時代、大勢の聴衆の前で演説をしても私語がなく黙って話を聞かせられるのは田中角栄と中曽根康弘といわれたが、言ったことは守る政治家という認識があるから真剣に話に耳を傾けるのだろう。昨今、大勢の聴衆の前で話しを黙って聞かせられる政治家は残念ながらいないかもしれない。
 
文責 田宮 卓

参考文献
岩見隆夫 「政治家に必要なのは、言葉と想像力と、ほんの少しのお金」毎日新聞社
小林吉弥 「究極の人間洞察力」 講談社
スポンサーサイト
  1. 2010/10/31(日) 21:16:31|
  2. 田中角栄内閣総理大臣(第64・65代)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

田中角栄のお金の使い方

田中角栄(たなか・かくえい)略歴
1918年~1993年(大正7年~平成5年)第64代内閣総理大臣。新潟県刈羽郡で誕生。二田尋常高等学校卒。1934年、理化学研究所の大河内正敏所長を頼りに上京。住み込みなどを経て、建築設計事務所を開く。1936年、中央工学校土木科卒。1947年、2度目の立候補で衆議院議員に初当選。郵政相、蔵相、自民党幹事長、通産相を歴院。1972年、第64代内閣総理大臣。1976年、ロッキード事件で逮捕される。75歳で没

関連サイト
このブログのトップページ(目次) http://bit.ly/xLH35E
田中角栄俯瞰情報インデックス  http://bit.ly/xFenGU





田中角栄の知られざる逸話

平成22年10月22日
題名:「お金の使い方で分かる人物の大きさ」
 
    

お金の使い方によってその人物の大きさが分かと言われるが、やはりケチケチしている人には人はついてこない。太っ腹な人についていく。自分の上司がケチであればその上司は生出しないだろうし、自分も太っ腹にならなければ出生できないともいえるかもしれない。

故・田中角栄元首相は人を泣かせるお金の使い方をしたことで有名である。
例えば田中派以外の代議士で、選挙の後始末でどうしても最低でも300万円が必要だった人物がいた。300万円にいくらかでも上乗せがきくなら、なおさら助かる。彼は考えた。大平正芳(元首相・故人)のところへ行けばどうなるか。「300万円」と切り出せば、多めに見積もってきたなと思われ、たぶん200万円を出すに違いない。彼は考えた末に、大平のもとへは行かず、田中角栄の事務所を訪れた。話を聞き終わった田中は、なんとポンと500万円を差し出したのである。彼は、当然300万円と思っていたから驚きの表情を見せた。田中が言葉をついだ「残ったカネで、選挙で苦労した連中にうまいものでも食わせてやれ」と。この代議士は、夜、布団をかぶって泣いたという。

またこんなエピソードもある。田中派時代、派内の若手の議員が女の不始末の清算で、今日中にどうしても100万円が必要ということになった。ところが、すぐ現金で百万円を揃えることができない。やむなくその議員は田中のもとに電話をかけ、100万円の借金を申し込んだ。話半分まで聞いていた田中は「わかった」と一言。「カネは直ぐに届けさせる」と約束した。30分もすると、田中事務所の秘書が紙袋を届けにきた。その議員が開けてみると、本人が申し込んだ額よりも多いなんと300万円の現金が入っていた。そして田中の筆による一枚のメモが入っていた。
一、 まず100万円でけりをつけろ
二、 次の100万円でお前の不始末で苦労したまわりの人たちに、うまいものでも食わせてやれ
三、 次の100万円は万一の場合のために持っておけ
四、 以上の300万円の全額、返済は無用である。

その若手議員は、涙しながらそのメモを読んだ。そして、その後、田中派内で竹下登の創政会の旗揚げ問題がクローズアップされた時でも、ビクとも動かなかった。あの時の300万円の一件で、田中という人物に殉じるハラを固めたという。

実に粋なお金の使い方である。金権政治家と見る人もいるかもしれないが、一般社会でも実際にお金の援助で助かる人がいる。例えば商売をしている人であれば「頑張れよ」「心から応援している」と口だけで言われるのと実際に資金的な援助をしてくれるのとでは大違いである。

第3代日銀総裁の故・川田小一郎(かわだこいちろう)は法皇と言われる程のワンマンであり威張りちらしていた人物として知られるがお金の使い方は実に太っ腹であった。

かつては三菱で同じ釜の飯を食った仲間の朝吹英二(あさぶきえいじ)が零落して日銀にやってきた。昔はオレ、お前の仲でも、地位に隔たりが出来ると門前払いを食わす人は幾らでもいるが、川田は快く面会した。金に困っているのを知るとなんと月給袋をそのまま朝吹にくれてやった。月給袋の中を見て何枚かを抜き出して渡す人はいるかもしれないが、袋ごとそのまま渡すとは何とも太っ腹な人物である。朝吹が喜んだのはいうまでもない。
 

文責 田宮 卓

参考文献
小林吉弥 「田中角栄経済学」 講談社+α文庫
小林吉弥 「田中角栄の才覚 松下幸之助の知恵」 光文社
小島直記 「スキな人キライな奴」 新潮文庫
  1. 2010/10/22(金) 13:59:10|
  2. 田中角栄内閣総理大臣(第64・65代)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田中角栄「凄い男」

田中角栄(たなか・かくえい)略歴
1918年~1993年(大正7年~平成5年)内閣総理大臣(第64・65代)。新潟県刈羽郡で誕生。二田尋常高等学校卒。1934年、理化学研究所の大河内正敏所長を頼りに上京。住み込みなどを経て、建築設計事務所を開く。1936年、中央工学校土木科卒。1947年、2度目の立候補で衆議院議員に初当選。郵政相、蔵相、自民党幹事長、通産相を歴院。1972年、第64代内閣総理大臣。1976年、ロッキード事件で逮捕される。75歳で没

関連サイト
このブログのトップページ(目次)http://bit.ly/xLH35E
田中角栄俯瞰情報インデックス http://bit.ly/xFenGU





田中角栄の知られざる逸話

平成22年8月15日
題名:「凄い男」


10数年前、衆議員議員の宿舎でアルバイトをしてた時、また国会議員の秘書をしていた時に、故田中角栄と実際に接したことのある人達から田中角栄の話を多く聞く機会があった。話を聞いてみると今でも神様みたいに思っている人が多い。金脈政治と一つの面だけをとらえて評価するのにはあまりにも惜しい人物である。面倒見の良さや人望といった人間力を取り上げれば、田中角栄に匹敵する人物は今も昔も恐らくいないであろう。ここでは田中角栄にまつわる話で一番印象に残っていることを紹介したい。

故佐藤栄作元首相の秘書の経験をされたことのある女性の経営者とお話をする機会があった。佐藤栄作のことを色々と聞かせていただいた後、田中角栄の思い出話をしてくれた。

年の暮れ、都内のホテルで佐藤首相(当時)と田中幹事長(当時)とが会談をした。会談が終わり、田中幹事長がホテルを出られるので玄関までお見送りにいったところ、田中幹事長の車の窓があき、こちらに手招きをしている。なんだろうと思って近づいて行くと、田中幹事長が「年は越せるかい」と声をかけてきたと言う。「はい」と答えると「何かあったら何時でも私のところに言ってきなさい」と言われたという。それ以来、私(女性経営)はどんなに辛いことがあっても、これ位のことで田中先生にお願いしては申訳ない、そう思い歯を食い縛って今日まで頑張ってきました。と眼に涙を浮かべながら話をされた。今でも田中先生の言葉が自分の支えとなっており感謝をしていると述べられた。

この話には私もとても感動した。今まで聞いた田中角栄の話で一番印象深い。佐藤栄作の秘書さんにも声をかける優しさだけでなく、たった一言がその人の生涯の励みになるのだから本当に凄い男であったのだなとつくづく感じた。


文責 田宮 卓
 


 
  1. 2010/08/15(日) 21:22:44|
  2. 田中角栄内閣総理大臣(第64・65代)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。