FC2ブログ

偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

平生釟三郎

平生釟三郎(ひらお・はちさぶろう)略歴
慶応2年~昭和20年(1866年~1945年)日本の実業家、教育者、政治家。 美濃国加納藩(現・岐阜市)生まれ。 高等商業学校(現・一橋大学)を首席で卒業。高等商業学校付属主計学校助教諭 、 兵庫県立神戸商業学校(現・兵庫県立神戸商業高等学校)校長を経て、1894年、東京海上保険(現・東京海上日動火災保険)に入社、同社再建に貢献。1933年、川崎造船所(現・川崎重工業)社長。貴族院議員、文部大臣、日本製鐵(現・新日本製鐵)会長などを歴任。現・甲南大学・甲南高等学校・中学校、甲南病院なども設立した。


関連サイト
このブログのトップページ(目次) http://bit.ly/xLH35E
平生釟三郎語録 http://bit.ly/MH91K9



平生釟三郎の知られざる逸話

平成24年7月15日
題名:「今こそ士魂商才の実践を」



先日、AIJ投資顧問の社長が詐欺容疑で再逮捕された。いわゆる年金詐欺事件であるが、本人は「騙すつもりはなかった」「取り戻せる自信があった」となかば開き直りとも、自分は何も悪いことはしていないと言わんばかりの発言をしている。昨年明るみになったオリンパスの損失隠し事件といい、企業の不祥事が続きその度にメディアはこぞって制度面の見直しが必要だと論じる。それも必要なこととは思うが本当に問われなければならないのは、経営者の倫理観の欠如ではなかろうか。

私はこのブログで多くの昔の立派な経営者を書いてきたが、そのなかでも数々の業績を残しながら、今や歴史の片隅に追いやられその人物の名前すら忘れさられているケースが少なくないと思う。

自伝や他伝を問わず、多くの伝記や資料に目を通していきその人物を調べていくのだが、今や無名の人物であっても、その人が遺した言葉や日記を読んでいると、この人は相当立派な人物であったのではないかと思える人が多くいる。そういった人物が忘れさられているところに、今の経営者の倫理観が欠如する原因の一つになっているのではないかと思う。

例えば、明治、大正、昭和を駆け抜けた実業家に平生釟三郎(ひらお・はちさぶろう)という人物がいるが、その名を知っている人はあまりいないであろう。

戦争中の暗い時代に、あの悪名高い特高警察に検挙されたある左翼運動家が、その調書に平生のことを次のように述べたと記されている。
「・・・もし日本の資本家に、平生さんのような人が10人いれば、日本は正しい方向に立ち直ると思います」と。

ではいったい平生釟三郎とはどのような人物であったのか。平生は東京海上保険(現・東京海上日動火災保険)の再建、発展に貢献し川崎造船所(現・川崎重工業)社長。貴族院議員、文部大臣、日本製鐵(現・新日本製鐵)会長などを歴任。現・甲南大学・甲南高等学校・中学校、甲南病院なども設立し、実業家としてだけでなく、政界、教育界、医療界とその活躍の範囲は多岐に渡った。それも自らポストを求めるのではなく、全て平生の人格と能力がかわれて、 請われてその地位についているところが一貫している。

平生は高等商業学校(現・一橋大学)を卒業後、官吏を経て兵庫県立神戸商業学校の校長をしていたが、その人柄と能力をかわれ、東京海上保険に誘われ、実業家の第一歩を踏み出す。入社早々に、日本郵船から大口の契約が舞い込んで来た。申し入れてきた貸物(土佐丸)の保険が東京海上の払込資本金と同額の60万円であった。通常5万円以上の契約はイギリスの保険会社に再保険をかけてリスクを分散するのが慣例であったが、日本郵船が申し入れてきた土曜日の午後はイギリスの保険会社が閉店しているため再保険をかけることが出来なかった。土佐丸に万一のことがあれば、東京海上の倒産は必至であった。

益田支配人が平生に話しかける
「平生君、これではどうしようもない。日本郵船に対して今さら約束を破ることは出来ない。だから、もし土佐丸が危険に遭遇したという知らせを受けたときは、武士の習いとして刺し違えよう」すると平生は「それはよい覚悟です」「何事も責任者はその覚悟があってしかるべきです。士魂商才(しこんしょうさい)こそ明治の商人のモットーとすべきものです」と答えた。土佐丸は幸いにも事故はなく、二人は刺し違えずにすんだが、平生は何か不測の事態があった時は潔く身を引く覚悟を何時でも持ち、実業家のモラルともいうべき士魂商才の塊のような人物だったといえる。

その後、平生は東京海上で目覚ましい活躍をするも、会社は苦境に陥り経営が立ちゆかなくなったことがある。そんな時に三井の益田孝社長に三井に来ないかと誘いがかかる。東京海上で支配人だった弟を助けるために、平生を強く東京海上に誘った一人が、この益田社長であった。東京海上が苦境に陥り、平生に申し訳ないという責任感からであった。

しかし平生は
「ご厚意は感謝します。しかし、他日、自分が三井物産で成功し、高い地位に就くことができたとしても、苦境にある東京海上を見捨てて、一身の栄達を計ったといわれても弁解できません。私は東京海上の再興のために全力を尽くしたい」といい三井の誘いは丁重に断った。

その後、平生は見事に東京海上を再建し、さらなる発展へと導いた。大正8年には専務取締役に就任した。28歳で東京海上に入社してから58歳で引退するまでの30年間身を粉にして東京海上で働き日本の海上保険の礎を築いていく、引退後は甲南高等学校や甲南病院の経営を通じて、念願だった社会奉仕に取り組んでいたが、昭和8年、川崎造船所(現・川崎重工業)が経営の危機になると、この危機を救えるのは平生以外にはいないと債権者や実業界から懇望され社長を引き受けることになる。しかし社長を引き受けるにあたって二つの条件を出したが、この条件がまた平生らしい。「一つは、任期を会社再建の目処をつけるまでの2、3年とし目処がつけば職を辞すこと。もう一つは、その間の報酬は一切受け取らないこと」である。これは凄い、どこまでも私利私欲がないところが人から信用されるのであろう。破局寸前だった川崎造船所は平生が社長に就任してわずか2年あまりで、利益が100万円から278万円と3倍近く伸び、川崎造船所の再建も見事に成功させた。その後も平生は社会奉仕に専念することが許されず、周りから推される形で貴族院議員、文部大臣、日本製鐵(現・新日本製鐵)会長などを歴任していく。

平生釟三郎(ひらお・はちさぶろう)が実業家として成功したのは、平生の人格が従業員からも取引先からも実業家からも信頼されていたからであると思うが、その平生の人格の根底を成すのが、士魂商才の精神ではなかったかと思う。

最後に世界的な経営学者、マネジメントの父と呼ばれたドラッカーはあらゆる企業や経営者の研究をし、数々の教訓を遺してくれたが、その中でもドラッカーの哲学が集約されていると思える言葉を紹介して終わりたい。

「経営トップの一番大事なことは何か、それは品性だ」
ピーター・ドラッカー
  1. 2012/07/15(日) 22:14:28|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イチロー

イチロー/本名:鈴木 一朗(すずきいちろう略歴
昭和48年~(1973年~)生まれ。愛知県出身。愛知工業大学名電高校からドラフト4位でオリックスに入団。7年連続首位打者となる。3度のリーグMVP受賞、7年連続ベストナイン、7年連続ゴールデン・グラブ賞を受賞。2000年11月フリーエージェントとしてシアトルマリナーズに移籍。2001年アメリカンリーグの首位打者、盗塁王、新人王や日本人初のMVPを獲得。2004年、262本の安打をはなちシーズン最多安打記録を樹立。その後、10年連続200本安打記録達成。180センチ、71キロ。右投げ左打ち。

関連サイト
このブログのトップページ(目次) http://bit.ly/xLH35E
イチロー語録 http://bit.ly/MpeNyg



イチローの知られざる逸話

平成24年6月23日
題名:「イチローに学ぶ」



大リーグ、マリナーズのイチローが、6月19日のダイヤモンドバックス戦で、大リーグ12年目で通算2500本安打を記録した。イチローの大リーグ通算2500本安打は、1900年以降では史上4番目に早い1817試合目での達成で、91人目だそうだ。イチローは大リーグ記録となるシーズン262本の最多安打記録、10年連続のシーズン200本安打に続いて大リーグの歴史にまた一つ偉業を刻んだことになる。

個人的には次は日米通算4000本安打、さらについでに世界最多安打のピート・ローズの4256本も抜いてもらいたいと期待する(イチローの日米の通算安打3706本・2011年度までの成績)。後、3、4年ほど現役を続けられれば前人未到の世界最多安打も実現は十分可能である。

しかしながら昨年はシーズン184安打に終わり初めて3割を切っている。今シーズも3割を切る低迷が続いていることからイチローの限界説がささやかれる。されにイチローはクール野郎だとかマイペース野郎だと揶揄(やゆ)する人もいる。

確かにイチローのインタビューを聞いていると、ちょっとそっけないような、謙虚さに欠けるような印象を受けることがある。

しかし、イチローの言動を少し深く調べてみると、やはりスーパースターは違うなと思わされるエピソードが幾つもある。

以前、日産自動車のある幹部に会った時に聞いた話がある。イチローが日産のCMに出ていたことから、イチローに接触する機会がありサインをお願いしたとのこと。この人は王さんのサインボールを持っていたので、ただイチローにサインして貰うだけではつまらないので、王さんのサインボールにサインをしてもうことを思いついた。そうしたほうが付加価値がつくと考えたからである。

ところがイチローにサインをお願いしたところ返ってきた言葉が「僕は王さんがサインしたボールにとてもサインなど出来ません」であったという。実にイチローは謙虚な男であるとこの幹部の人は思ったという。

また、オリックスの宮内義彦会長を感心させた話がある。アメリカでイチローに会った時に驚いたのが、自分がCMに出た車にまだ乗っていたことだという。宮内は「イチローほどのスーパースターであれば、もっと幾らでも高級な車に乗れるはず。CMが終わってからその車に一年でも乗っていれば十分義理は果たしたことになるのに、何年も乗っているところに感心した」という。

そして一番、私がイチローに感動した言葉がある

「バットの木は、自然が何十年も掛けて育てています。僕のバットは、この自然の木から手作りで作られています。グローブも手作りの製品です。一度バットを投げた時、非常に嫌な気持ちになりました。自然を大切にし、作ってくれた人の気持ちを考えて、僕はバットを投げることも、地面に叩きつけることもしません。プロとして道具を大事に扱うのは当然のことです」

イチローほど商売道具を大事にする選手はいないのではなかろうか。大リーガーではとくに、バットを自分でへし折ったり、グローブを地面に叩きつける人は多い。しかしイチローは「僕にはそんなことは出来ない」という。さらに可哀想だからバットをロッカールームに置いていけないともいう。

もしベースボールの神様がいるならば、きっとイチローのような選手を贔屓するのだろう。案外、一流と超一流の選手の違いはこういった道具への心遣いで決まるのかもしれない。

誰もがイチローのようなスーパースターに成れるわけではないが、仕事をしている人であれば、皆なにかしらの商売道具があるはずです。こういった商売道具を大事にすることで思わぬ好運が舞い込んでくることがあるかもしれない。
  1. 2012/06/23(土) 21:09:29|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レディー・ガガ

レディー・ガガ経歴(プロフィール)
1986年にイタリア系アメリカ人でインターネット企業の実業家の家庭のもと、ニューヨーク州ヨンカーズに生まれる。家は裕福で箱入り娘として育てられるが、後に貧乏生活も経験する。19歳で事務所と契約し、ストリップクラブで働く。2008年デビュー・アルバム『ザ・フェイム』を発表、全世界での売上枚数は400万枚を突破した。アメリカ合衆国の世界的な音楽家。

関連サイト
このブログのトップページ(目次) http://bit.ly/xLH35E
ホイットニー・ヒューストン語録  http://bit.ly/NGiwsv



レディー・ガガの知られざる逸話

平成24年6月9日
題名:「レディー・ガガと松下幸之助に学ぶ教訓」



「あなたに影があるのなら、光が当たっている証拠よ」
レディー・ガガ

抜群の歌唱力、切れのあるダンス、斬新なファッションで世界的なポップシンガーとなったレディー・ガガ。世界中に熱狂的なファンを持つが、その人気の源泉は誰よりもファンを大切にするところにあるのではなかろうか。CDを買うために並んだファンが、お腹を空かしているのではないかと心配して、ピザを買ってあげたりする。コンサートが終わって疲れ切っているにもかかわらず、会場外のファンにも一人一人丁寧にサインをし、写真撮影にも心地よく応じる。こんな話が至るところにある。

日本にも何度も来日している。報道陣に「日本を愛し、復興支援までしてくれるのはなぜか?」と聞かれて 「Why not?(当たり前でしょう)」とさらりと答える。

なぜここまで人に愛情を差し出せるのかと思うが(私には純粋にそうしているように見えます(*^_^*))、きっとスターになるまでに様々な苦労や辛酸を味わってきたからであろう。

ガガは米国ニューヨーク州で裕福な家に生まれたが、後に貧乏生活を何年も経験する。お嬢様学校に入学するも激しいイジメにあったり、生活費を稼ぐためにストリップクラブやゲイクラブなどのクラブステージで働くこともしている。

ドイツの格言に「苦さの味を知らぬ者は甘さも分からない」というのがあるが、きっと苦労や下積み時代があったからこそ、人の痛みが分かり、弱い人の立場が分かり、人に優しくなれ、天職ともいえる音楽やファッションを通じて人に喜びや感動や勇気を与えられることに、人一倍喜びも感じられるのであろう。これが何の苦労もなくスターになっていたらどうであろうか。すぐに天狗になりせっかくの才能も活かすことが出来なかったかもしれない。

宮大工の小川三夫(おがわみつお)は「石や岩の間から芽が出て、風雪に耐えて大きくなった木が、何百年ももつ頑丈な大木になる」という。温室で育ったような木はフニャフニャで、すぐに倒れたり腐ったりする。

このことは人間も同じであろう、風雪に耐えて苦しい中から芽を伸ばしていった人はまことに強いといえる。実際に昔の偉人となった人達は、苦境を活用し成功の糧としてきた人達ばかりである。

このようなことは「成功の法則」といわれるような本にもたいてい書かれていることである。

それでは失敗や挫折の経験がない人は大きな成功は得られないのか? ということになるが、そうではないと思う。そのことを私は松下幸之助が遺した言葉に触れた時になるほどと感じた。その言葉とはこちらである(ぜひご一読いただきたい)→ http://bit.ly/LDLLKo

松下幸之助は順境の時にはどう心掛ければいいかを教えてくれている。そして今まで順調であったとしてもこれから先もずっと順調で行く人はまずいない。生きている限り誰でも逆境に見舞われることは必ずある。その時は、今こそ本当に自分をきたえ、大きく成長させるチャンスだと思い頑張ればそれでよいのだと思う。

生きる指針を与えてくれる先人とは何とも有難い存在である。
  1. 2012/06/09(土) 06:19:50|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

潮田健次郎

潮田健次郎(うしおだ・けんじろう)略歴
1926年~2011年(大正15年~平成23年) 現・住生活グループ(トステム、トーヨーサッシ)創業者。東京都生まれ。小学6年生の時、結核でサナトリウムにはいり、小学校を形だけしか卒業できなかったが、つねに独学で道を切りひらいてきた。日本生産性本部や日本能率協会などのセミナーを次々と受講し財務分析、生産管理、事務管理や国際政治などを学び、2年間アルミサッシの研究開発をつづけ1966年4月に宅用アルミサッシ業界に参入する。その後、独創的な新製品を次々と開発する一方、直営店網の拡充で売上を伸ばし、同社を業界トップに躍進させた。84歳で没。

このブログのトップページ(目次) http://bit.ly/xLH35E
潮田健次郎語録 http://bit.ly/HkK4xx




潮田健次郎の知られざる逸話

平成24年3月28日
題名:「商いの厳しさ」



「命まで取られへん、だめならやり直せばいい」
鬼塚喜八郎(アシックス創業者)

私の創業者の名語録でとても好きな語録の一つが鬼塚会長のこのシンプルな言葉である。先日、この鬼塚語録 http://bit.ly/GXSIV0 の記事を見た人からコメントを頂いた。

鬼塚会長に生前、ランチェスター協会の会合で偶然隣の席になったので、その縁で名刺交換をしてそのお礼に葉書を送ったら、その後、なんと鬼塚会長から韓国から立派な封書手書きの励ましのメッセージを頂いた、という内容のものであった。この方はこの封書を今でも宝物として節目節目に読み返しているという。

私のように創業者の秘話やエピソードを書いているものにとって、このように実体験談を教えてくれることほど、有り難くまた興味深いことはない。

この鬼塚会長のエピソードを拝見し、やはり創業者は違うなと感じた。どんなビジネス本にも「礼状を書くこと」というのはビジネスの基本として教えているが、恐らくそれを長年、実践し続ける人は僅かであろう。

鬼塚会長がわざわざ手書きで礼状を出すのは、礼儀であったり、人のご縁を大切にする気持であったり、また何時お客様になってくれるかもしれない、といった色々な思いがあってのことだと思うが、恐らくずっとこのような謙虚な姿勢で鬼塚会長が日々、人と接してきたからこそ、今日のアシックスがあるのだと思う。逆にいうと、「返事なんて書いている暇あるか」といったような僅かでも驕った気持ちや、人を粗末にする気持が出ると商売が立ち行かなくなることを示唆しているようで、同時に商売の厳しさというものも感じる話である。

また、以前、私の父親が住宅設備最大手の現・住生活グループ(トステム、トーヨーサッシ)の創業者、潮田健次郎(うしおだ・けんじろう)から直筆の手紙をもらったことがあった。

1993年頃、バブルが弾けて会社員であった父は54歳の時にリストラにあった。今では業績が悪くなれば人員削減するのは当たり前のことではあるが、当時リストラは大変な社会問題であった。父をリストラした会社で自殺者が出たり、そのことでリストラのスペシャル番組が組まれテレビで放映されたりしていた。

54歳という年齢で転職先を探すことは容易ではない。職務経歴書を人事部に送ってもまず年齢で切られることは目に見えている。そこで父がとった行動が、紳士録などで社長の自宅を調べ、職務経歴書を直接社長の自宅に「速達」「親展」「書留」で郵送することであった。海外出張などで不在の場合は仕方ないとしても、かなりの確率で社長本人に職務経歴書を見てもらえると踏んだのだ。

そして郵送先の一つが住生活グループの潮田社長宅であったが、潮田社長からはなんと丁寧な直筆の手紙が届いた。内容は、まずご丁寧なお手紙を有難うございますというお礼から始まり、今会社の状況が○×△なので採用はしておらず、大変申し訳ないがご期待に添うことは出来ないが、良いお仕事に就けますことをお祈り申し上げる、といった、これまた大変丁寧なものであった。

やはりここが創業者の凄いところだと思う。こっちから一方的に送った手紙(職務経歴書)である。本来返事などする必要もなければ、仮に返事をするとしても人事部か秘書にさせればいいことである。

このような話は2代目、3代目の社長にはあまり聞かない。一方的な手紙であっても、直筆で手紙を返すところに創業者の凄さ、商売の厳しさというものを私は感じる。

ちなみに父は結局アミューズメント業界のセガに転職が決まった。当時の中山隼雄社長の自宅に送った職務経歴書を中山社長が人事部に「面接して良かったら採ってみろ」と廻してくれたのだ。面接を受け部長というポジションで見事採用となったのだが、驚くことにこのポジションの募集年齢は40歳までであった。54歳の父は普通に人事部に職務経歴書を送っていたら100%書類選考で落とされ面接すらしてもらえてなかったであろう。
  1. 2012/03/28(水) 21:41:16|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼塚喜八郎

鬼塚喜八郎(おにつか・きはちろう)略歴
1918年~2007年(大正7年~平成19年)アシックス創業者。鳥取県気高郡明治村(現・鳥取市松上)生まれ。旧制鳥取一中(現・鳥取西校)卒。昭和24年、鬼塚商会創業。昭和52年、ジィティオ、ジェレンクと合併してアシックスを設立して社長に就任。東証一部。89歳で没。

このブログのトップページ(目次) http://bit.ly/xLH35E
鬼塚喜八郎(アシックス創業者)語録 http://bit.ly/GXSIV0




鬼塚喜八郎の知られざる逸話


平成24年3月28日
題名:「商いの厳しさ」



「命まで取られへん、だめならやり直せばいい」
鬼塚喜八郎(アシックス創業者)

私の創業者の名語録でとても好きな語録の一つが鬼塚会長のこのシンプルな言葉である。先日、この鬼塚語録 http://bit.ly/GXSIV0 の記事を見た人からコメントを頂いた。

鬼塚会長に生前、ランチェスター協会の会合で偶然隣の席になったので、その縁で名刺交換をしてそのお礼に葉書を送ったら、その後、なんと鬼塚会長から韓国から立派な封書手書きの励ましのメッセージを頂いた、という内容のものであった。この方はこの封書を今でも宝物として節目節目に読み返しているという。

私のように創業者の秘話やエピソードを書いているものにとって、このように実体験談を教えてくれることほど、有り難くまた興味深いことはない。

この鬼塚会長のエピソードを拝見し、やはり創業者は違うなと感じた。どんなビジネス本にも「礼状を書くこと」というのはビジネスの基本として教えているが、恐らくそれを長年、実践し続ける人は僅かであろう。

鬼塚会長がわざわざ手書きで礼状を出すのは、礼儀であったり、人のご縁を大切にする気持であったり、また何時お客様になってくれるかもしれない、といった色々な思いがあってのことだと思うが、恐らくずっとこのような謙虚な姿勢で鬼塚会長が日々、人と接してきたからこそ、今日のアシックスがあるのだと思う。逆にいうと、「返事なんて書いている暇あるか」といったような僅かでも驕った気持ちや、人を粗末にする気持が出ると商売が立ち行かなくなることを示唆しているようで、同時に商売の厳しさというものも感じる話である。

また、以前、私の父親が住宅設備最大手の現・住生活グループ(トステム、トーヨーサッシ)の創業者、潮田健次郎(うしおだ・けんじろう)から直筆の手紙をもらったことがあった。

1993年頃、バブルが弾けて会社員であった父は54歳の時にリストラにあった。今では業績が悪くなれば人員削減するのは当たり前のことではあるが、当時リストラは大変な社会問題であった。父をリストラした会社で自殺者が出たり、そのことでリストラのスペシャル番組が組まれテレビで放映されたりしていた。

54歳という年齢で転職先を探すことは容易ではない。職務経歴書を人事部に送ってもまず年齢で切られることは目に見えている。そこで父がとった行動が、紳士録などで社長の自宅を調べ、職務経歴書を直接社長の自宅に「速達」「親展」「書留」で郵送することであった。海外出張などで不在の場合は仕方ないとしても、かなりの確率で社長本人に職務経歴書を見てもらえると踏んだのだ。

そして郵送先の一つが住生活グループの潮田社長宅であったが、潮田社長からはなんと丁寧な直筆の手紙が届いた。内容は、まずご丁寧なお手紙を有難うございますというお礼から始まり、今会社の状況が○×△なので採用はしておらず、大変申し訳ないがご期待に添うことは出来ないが、良いお仕事に就けますことをお祈り申し上げる、といった、これまた大変丁寧なものであった。

やはりここが創業者の凄いところだと思う。こっちから一方的に送った手紙(職務経歴書)である。本来返事などする必要もなければ、仮に返事をするとしても人事部か秘書にさせればいいことである。

このような話は2代目、3代目の社長にはあまり聞かない。一方的な手紙であっても、直筆で手紙を返すところに創業者の凄さ、商売の厳しさというものを私は感じる。

ちなみに父は結局アミューズメント業界のセガに転職が決まった。当時の中山隼雄社長の自宅に送った職務経歴書を中山社長が人事部に「面接して良かったら採ってみろ」と廻してくれたのだ。面接を受け部長というポジションで見事採用となったのだが、驚くことにこのポジションの募集年齢は40歳までであった。54歳の父は普通に人事部に職務経歴書を送っていたら100%書類選考で落とされ面接すらしてもらえてなかったであろう。
  1. 2012/03/28(水) 21:22:32|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ