FC2ブログ

偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

トップページ(目次)

トップページ(目次)
サイト名:偉人のエピソード逸話集
創業者、名経営者、政治家のエピソード、逸話を大公開


このサイトはアメブロ(http://ameblo.jp/tamiyataku1/)で連載している偉人列伝を編集、加筆、修正したものです。(アメブロ読者登録者大募集中!お陰様で読者登録者数1700人突破しました。)

なお偉人の名言格言サイト http://bit.ly/o1ny2l とは姉妹サイトになります。




目次【人名、(一部社名)一覧】



秋山真之海軍参謀
■秋山真之と東郷平八郎から学ぶ危機管理の心構え http://bit.ly/zHNL8P

雨宮敬次郎(甲州財閥)
■ 世界の成功者が誰も言わなかった雨宮敬次郎の名言http://goo.gl/YLQ6QP

鮎川義介(日産コンツェルン創業者)
■恵まれた環境でも等身大で生きる凄い男 http://bit.ly/AhIyDu

新井正明(住友生命元社長) 
■挫折をばねに生きよ http://bit.ly/z4bzMs

安藤百福(日清食品創業者)
■どん底からの脱出 http://bit.ly/wdBsoT


井植歳男(三洋電機創業者) 
■世界を股にかける男 http://bit.ly/xDzWkj
■三洋電機誕生秘話 http://bit.ly/Acge1S

石坂泰三(経団連2代会長)の秘話  
■外国人を唸らせたかっこいい日本人① http://bit.ly/xy4ULH

石橋湛山内閣総理大臣(55代)
■大器晩成 http://bit.ly/yhCE8D

市村清(リコー創業者)
■従業員は使用人ではない事業の協力者だ http://bit.ly/AklPaG
■諦めない人が道を開く http://bit.ly/wEOebi
■経営者の器量 http://bit.ly/wk97RQ 

イチロー(大リーガー)
■イチローに学ぶ http://bit.ly/NQUryr

井伸之出(ソニー元CEO)
■サラリーマン社長に求められるもの http://bit.ly/1b40eP3

伊藤忠兵衛(伊藤忠商事創業者) 
■自分に魅力をつけよ、座談の天才になれ http://bit.ly/xL9emh

出光佐三(出光興産創業者) 
■部下が命をかけてくれるリーダーとは http://bit.ly/zdI61K

犬丸徹三(帝国ホテル元社長)
■災害後に発展する企業とは http://bit.ly/Amaro2

井上準之助(財政家・大蔵大臣)
■言葉は時空を超えて生き残る http://bit.ly/1xRqRhI

伊庭貞剛(住友総理事)
■幹部社員育成の要諦 http://bit.ly/ylnyoi

岩崎弥太郎(三菱財閥創始者)
■三菱にみる商売の原点 http://bit.ly/yojXf9

岩田弍夫(東芝元社長) 
■その場で日本一になれば必ず道は開ける http://bit.ly/zjVrcS

岩波茂雄(岩波書店創業者) 
■意欲が危機を脱する http://bit.ly/zq3Lpa


上村愛子(スキーモーグル)
■題名:目標達成への執着心が道を開く http://bit.ly/1qz436d

潮田健次郎(住生活グループ創業者)
■商いの厳しさ http://bit.ly/Hr2i2u


越後正一(伊藤忠商事元社長) 
■真に人物を見抜き長い目で人を育てられるのが経営者の器
http://bit.ly/w21jLJ

江戸英雄(三井不動不動産元社長)  
■朝の来ない夜はない http://bit.ly/zZS72p


太田垣士郎(関西電力初代社長) http://bit.ly/z3ACZN
■決意が人の心を動かす

大谷米太郎(ホテルニューオータニ創業者) 
■裸一貫から巨万の富を築いた傑物 http://bit.ly/wsEdJh

大原総一郎(クラレ元社長)
■経営者の倫理観を問う http://bit.ly/yf59tR

大平正芳内閣総理大臣(第68・69代)
■名文はどうやって生まれるのか(政治家編)http://bit.ly/S7mUnf

大屋普三(帝人元社長)
■安定だけで会社を選んでいいのか? http://bit.ly/xSjxCy

岡崎久彦(外交官)の秘話 
■外国人を唸らせたかっこいい日本人③ http://bit.ly/xf6owN

岡田完二郎(富士通中興の祖)
■サラリーマン社長に求められるもの http://bit.ly/18jjRga

岡田卓也(イオン創業者)と岡田克也
■国や企業の盛衰は人材にあり http://bit.ly/xP4Gp3

岡野喜太郎(スルガ銀行創業者)
■備えあれば憂いなし http://bit.ly/yn3fiC
■スルガ銀行誕生秘話 http://bit.ly/wSQkdR

奥田硯(トヨタ自動車元社長)  
■左遷は飛躍のチャンス http://bit.ly/zPv0cX

奥村綱雄(野村證券元社長)
■逆境が人を大きくする http://bit.ly/AtBjmF

小佐野賢治(国際興業創業者) 
■目先の利益に囚われない買収術・損して得く取れ http://bit.ly/AtFPzX

小平浪平(日立創業者) 
■国産技術を確立した男 http://bit.ly/wLS8Kk

鬼塚喜八郎(アシックス創業者)
■商いの厳しさ http://bit.ly/HqYLkR

小渕恵三元首相
■人を見かけで判断すると大損をする http://bit.ly/Ajvfmr

オリンパスと大王製紙から学ぶ教訓 http://bit.ly/zVvfhp


勝海舟と西郷隆盛
■江戸城無血開城 http://bit.ly/1aiJLpG


加藤辨三郎(協和発酵キリン初代社長) 
■産業人が失いつつある精神 http://bit.ly/w9fjTp

兼元謙任(オウケイウェイヴ創業者)
■ホームレスから上場企業の社長にhttp://goo.gl/rDpOVo

鹿野道彦農林水産大臣
■情報が人を熱くする  http://bit.ly/wlVHWH

川田小一郎(日銀総裁3代) 
■法皇として君臨できる理由 http://bit.ly/yIsvaU




久原房之助(鉱山王)
■久原房之助と原安三郎と電通鬼十則 http://bit.ly/zyUPfj




後藤新平(元東京市長) 
■関東大震災から帝都を復興させた政治家(全7話) http://bit.ly/wnpLA4
■最大の経済対策は人を育てることである http://bit.ly/y0elfq
■ベンチャー企業を支援した政治家後藤新平 http://bit.ly/ACJzyp




渋沢栄一(明治の実業家)
■渋沢栄一と岩崎弥太郎 http://bit.ly/z5nMzi
■飛鳥山の渋沢邸 http://goo.gl/gLlojz


杉山金太郎(旧豊年製油・現J-オイルミルズ創業者)
■今こそ正直な経営を(士魂商才の実践)http://bit.ly/yXQvlq
■苦境の時こそ誤魔化さない(士魂商才の実践)http://bit.ly/xNxq8x

スティーブ・ジョブズ(アップル創業者) 
■開拓者魂 http://bit.ly/zijeYy




相馬愛蔵(中村屋創業者) 
■お客様本位の商売 http://bit.ly/wkV6Af

蘇我理右衛門(住友財閥)
■日本の商人道http://goo.gl/TY6L33


大王製紙から学ぶ教訓 http://bit.ly/wXJKo1

高橋是清(第20代内閣総理大臣) 
■ポストに執着しない男 http://bit.ly/w0vemP
■官僚に何故自殺者が多いのか http://bit.ly/zYUGTk

高畑誠一(双日創業者) 
■苦境の時にでも志を失わないのが http://bit.ly/yebmmL
■失敗を肥やしに http://bit.ly/zyoCMT

高峰譲吉(第一三共)創業者
■今こそパイオニア精神を http://bit.ly/xBQsPz

田口利八(西濃運輸創業者) 
■心を奮い立たせる花・福寿草 http://bit.ly/w8kQV1

武田國男(武田薬品元社長) 
■創業家の精神 http://bit.ly/xGqNVi

武見太郎(日本医師会会長)
■名人への道は一つではない http://bit.ly/JzKBOw

田中角栄内閣総理大臣(第64・65代)
■お金の使い方で分かる人物の大きさ http://bit.ly/yE5T1G
■約束を守る政治家 http://bit.ly/yNcZGt
■凄い男 http://bit.ly/ymXgZ9




堤康次郎(西武グループ創業者)
■会社や仕事を選ぶな(就職が決まっていない学生に向けて)
http://bit.ly/xwYRF5
■堤康次郎と後藤新平(大物政治家) http://bit.ly/ABMKsi




東郷平八郎 
■外国人を唸らせたかっこいい日本人④ http://bit.ly/xXPUfB

東芝の悲劇 http://bit.ly/yMnyWv

土光敏夫(東芝元社長) 
■再建時に必要なトップの条件(公明正大) http://bit.ly/zu2jB0
■土光敏夫(石川島再建)出資をしてもらうには(情熱が人の心を動かす)
http://bit.ly/wp0nro


中曽根康弘内閣総理大臣(第71・72・73代)
■政界で随一筆まめな政治家中曽根康弘 http://bit.ly/yMvGNr

永守重信(日本電産創業者) 
■出資をしてもらうには(情熱が人の心を動かす②)http://bit.ly/x2V8Ig

中上川彦次郎(三井銀行改革者) 
■政治家に媚びない明治の大物実業家 http://bit.ly/A90xrm


西川政一(日商岩井初代社長)
■創業の精神は時空を超えて活かされることもある http://bit.ly/y3Aulh

二宮金次郎
■二宮金次郎に学ぶ(復興の神様) http://bit.ly/ykyNIA





野口英世(世界的な細菌学者)
■情熱が人の心を動かし前途が開く http://bit.ly/yktHSQ

野田佳彦総理大臣
■野田総理(松下幸之助の遺産) http://bit.ly/wySCzN 
■野田佳彦首相の人柄 http://bit.ly/xHtNLO


羽田孜第80代内閣総理大臣
■羽田孜元首相について思うこと
http://tamiyataku2.blog.fc2.com/blog-entry-168.html

浜口雄幸内閣総理大臣(第27代)
■命がけで約束を守った政治家 http://bit.ly/AATzEj

早川徳次(シャープ創業者) 
■震災で全てを失いそこから世界的な大企業をつくり上げて男 
http://bit.ly/xnsBVr


平岩外四(東京電力元社長) 
■外国人を唸らせたかっこいい日本人① http://bit.ly/y6vbtE

平生釟三郎(実業家、教育家)
■今こそ士魂商才の実践を http://bit.ly/NCDsyN


ファイザー社誕生秘話 
■シナジー効果は意外なところで生まれる http://bit.ly/wVt8bg

船井哲良(船井電機創業者)
■偉人伝を読む価値 http://bit.ly/1b4476D

船井幸雄(船井総研創業者)
■船井幸雄の成功哲学 http://bit.ly/1e3rj4v




細野豪志衆議院議員
■政権交代前夜の貴重な体験 http://bit.ly/A2tZl8
■瓦礫処理 http://bit.ly/xbpb5z
■街頭演説(川崎市)瓦礫処理 http://bit.ly/GF35fq

本田宗一郎  
■惨状を肥やしに http://bit.ly/wEBWM6


松下幸之助の秘話 
■松下電器は何故世界の松下になれたか(全3話) http://bit.ly/w01CwP

松永安左ェ門(電力の鬼)
■明治の義理堅い男たち http://bit.ly/yzRAqB


三木谷浩史(楽天創業者) http://bit.ly/vYVVoA
■東日本大震災が教えてくれたこと

三島海雲(カルピス創業者) 
■災害時に利益を得る企業とは http://bit.ly/wzR9Fl

宮崎輝(旭化成元社長) 
■その道のエキスパートになれ http://bit.ly/zZDMm3

宮沢喜一内閣総理大臣(第78代)
■宮澤喜一元首相の意外な一面 http://bit.ly/wUh0N8





森喜朗元首相
■人を見かけで判断すると大損をする http://bit.ly/xOUJgD

盛田昭夫(ソニー創業者) 
■数人で設立した会社が大企業まで成長する条件 http://bit.ly/y0Mhy6

森永太一郎(森永製菓創業者) 
■東洋の製菓王森永太一郎 http://bit.ly/yn5N3s

森永太一郎と服部金太郎に学ぶ
■食品偽装表示で思うこと http://bit.ly/1cbRfY1


安田善次郎(金融王)
■安田善次郎と浅野総一郎と鶴見線 http://bit.ly/yo5LCe

柳井正(ユニクロ創業者)
■ユニクロ躍進の秘密 http://bit.ly/1r5L6Z2

山下俊彦(松下電器元社長)
■その他大勢から抜け出す http://bit.ly/zbQQy9

山内健二(アステラス製薬創業者)
■真に社員を大切にする経営者 http://bit.ly/ypj1n9
■後発企業が新規参入するための方法 http://bit.ly/xct0As
■発展する会社はどんな人にも丁寧な対応をする http://bit.ly/AmMcS9
■終身雇用崩壊とともに失われたもの http://bit.ly/xa7tnC

山本為三郎(ビール王)
■今こそ共存共栄の精神を http://bit.ly/z4pTlu




吉田茂(元内閣総理大臣)
■人の上に立つ人は腰が低い② http://bit.ly/ADAGdU

吉田松陰(幕末の思想家、教育)
■国や企業の盛衰は人材にあり http://bit.ly/xxH8DC

レディー・ガガ 
■レディー・ガガと松下幸之助に学ぶ教訓 http://bit.ly/P0cdOM


スポンサーサイト



  1. 2019/12/31(火) 05:16:08|
  2. トップページ(目次)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

家電販売店と家電量販店メモ

家電販売店と家電量販店メモ


■地域電気店は、単独では生き残りが難しくなっている。最盛期の1982年には、全国に約7万1000店あった家電販売店は、2008年現在、約半分の3万8000店にまで減っている。減少した店舗のほとんどが地域電気店

■家電総市場における家電量販店と地域電気店の売上高の構成比も、大きく変化。1967年には、地域電気店の売上は総市場の約86%を占めたが、2008年には12%にまで減少

■家電量販店に加えて、近年のインターネットやテレビショッピングなどを利用した通信販売の拡大も、地域電気店の苦境に拍車をかけた、ジャパネットたかたは、その代表

■家電量販店の総数が減少する一方で、家電の総市場は成長を続けている。1967年には、推定3.5兆円だった国内市場は、2008年には7.8兆円にまで膨らんでいる。家電は成熟産業といわれながら、いまなお成長を続けている

■メーカーが長期保証を無償で提供するケースが増えた。以前は、家電が故障すれば、地域電気店に修理を依頼するのが一般的だった。しかし、現在は、製造したメーカーの保証がついているため、必ずしも購入した店舗に修理を依頼する必要はない

■FCは『のれん』を使って商売をする事業形態である。家電量販店ではデオデオやベスト電器などがFCである

■高度経済成長期、系列店は家電市場の売上全体の半分以上を占めており、メーカーは系列店に対して、投資を惜しまなかった。看板などの販売ツールをメーカーが提供し、過保護なほどに優遇した

■ところが、低成長時代に入ると、売上が上がらない系列店が増えた。そうなると、メーカーは系列店政策にお金を使えなくなる。系列店政策の崩壊

■地域電気店は、量販店のように多数の在庫を抱えることができない

■電器製品の流通機構は、大別して二つの流れがあった。一つはメーカーから販売会社――代理店という名の一次問屋を通り、さらに二次問屋を経て、小売店から消費者の手許に渡る大きな流れである

■一方、信用取引市場に対し、現金取引市場というもの。月賦販売を前提した。『正価』に比べて、2、3割は安く販売する特殊な問屋街で、全国では、東京の秋葉原、大阪の日本橋、広島、新潟など、限られた数個所に存在した

■もともと電機器製品は、再販価格指定商品ではない

■再販価格というのは、メーカーが小売値を勝手に指定できることで、とくに法律で定められた商品にだけ認められている

■電機製品は小売商がいくらで売っても、またいくらの値をつけても、かまわない商品

■系列販売制度はメーカーが小売価格を末端まで守らせようとした。現金取引市場というのは、メーカーにとって恥部であった

■杉山電器(仮名)は販売店系列化政策という猛烈な市場制圧を昭和34年頃から始めた

■もともと街の電気屋といったら、昔のいわゆるラジオ屋であった。薄暗い店内に、各メーカーの製品を雑多に積み上げただけの見栄えの良くない店が多かった。家電製品の販売店というより小規模の修理屋といったイメージほうが強かった

■杉山電器は『思いきって店舗を改装しませんか。杉山電器が全面的に応援し、必要な資金は貸してあげます』『これから電化製品の販売には、絶対に自動車が必要です。お買いなさい。お金は杉山電器が出しましょう』

■『新装になったおたくの店頭へは、うちの製品を山のように揃えてください。仕入れ資金はいりません。売ってからでいいんです。売れたら、その分だけ長期の手形で支払って下さい』

■東芝や日立は売らせてやると高姿勢であった

■杉山電器は小売店への貸し付けのあと店舗や小売店の土地を担保として提出させた

■杉山電器は営業所から店員も派遣した241項

■ヤミ再販価格を守るのに一番熱心なのは杉山電器

■昭和30年(1955年)に家電ブームが起こると、メーカー各社が競うように流通機構(問屋及び小売店)の系列化を進めるようになった

■系列化の先陣を切ったのは、戦前から販売網を誇ってきた松下電器産業。まずは卸売り(問屋)から始まり、家電販売店(小売店、町の電気屋)も系列化していった

■当時(熱海会談前まで)、松下電器では、各事業部→各地の営業所→問屋(販売会社・代理店)→地域の販売店(系列の小売店)というルートで松下製品を流通させていた

■そもそも地域の電気店の店頭価格が家電量販店よりも高いのは、仕入れ値が高いから。大量仕入れの家電量販店は大幅な値引きで仕入れることができる


【参考文献】
『怒りの回路』清水一行
『ヤマダ電機の品格』立石泰則
『だからヤマダで買いたくなる』片山修
  1. 2019/09/07(土) 08:16:04|
  2. トップページ(目次)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

動物 雑学

動物の雑学   


■グズリ
・体長70 cm
・北半球で一番獰猛な動物


■ラーテル
・体長70cm
・ラーテルは皮がゴムのように熱いのでライオンもかみ切れない。毒蛇の猛毒も効かない。数時間動けなくても元通りになる(TV情報)


■ヒクイドリ
・体長150cm
・鳥類最強はヒクイドリ
・蹴りが強く、足の爪はナイフのようで殺傷能力がある (TV情報)


■ワニ
・4mを超えるものも
・ワニの噛む力は地球上で最強。噛む力はライオンの4倍
・ナイルワニ 2000kg~2300Kg 超強力
・ただ口を開く力は弱く。人間でも手で押さえれば開かない(TV情報)
・天敵はカバ。カバには勝てない


■カバ
・哺乳類で噛む力最強


■バッフォローは助け合い精神がある。よその子供が襲われても皆で助ける(TV情報)


■サイ
・サイの角でイノシシは5メートルぐらい軽く吹っ飛ぶ
・サイは泳げないが水中をもの凄いスピードで走る(TV情報)


■北極熊
・北極熊は嗅覚最強。1.5キロ先もかき分ける


■キリン
・キリンの後ろ足蹴りは哺乳類最強。ライオンも吹っ飛ぶ(TV情報)


■像
・アフリカ象が最強(TV情報)


■鰻
・アマゾンの電気うなぎは、ワニも感電させて動けなくさせる


■チーター
・一回狩りをして失敗すると持久力がないので60分は休まないと駄目
  1. 2019/07/28(日) 20:19:16|
  2. トップページ(目次)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本が戦争で負けると分かっていた人たち

日本が戦争で負けると分かっていた人たち


「『ポツダム宣言受諾』の一句が、稲妻のように私のからだをつらぬく。その一句で、私はすべてを了解した。兵器生産担当者として、私はポツダム宣言受諾が何を意味するかを薄々は知っていた(負けた)」後藤清一(三洋電機副社長) ※出典『叱り叱られの記』



「下宿のご主人は慶応ボーイだった人で、はばかることなく『この戦争は勝てないよ。覚悟しておいた方がいい』と言っていたが8月15日、それが本当になった」 橋田壽賀子(脚本家) ※出典『日経新聞(私の履歴書)』



「アメリカに勝った、勝ったと世間はうかれちょるが、真珠湾の勝利は蠅が象の背にとまったようなもんじゃ。象がたちあがれば、たちまちこっぱみじんにふみつぶされる」山下亀三郎(山下汽船創業者)



「中学の友人に太田商工会議所会頭を務めた本島虎太君がいる。本島家は代々医者の家系で、開戦間もないころ、お父さんの進さんから『日米は経済力や総合的な戦力が違う。そのうち日本は負ける』と聞かされた。日本軍が連戦連勝していたころで信じられず、反論した。今思えば、地方には戦争を冷静に見られる人がいたということだろう」石原信雄(内閣官房副長官) ※出典『日経新聞(私の履歴書)』
  1. 2019/06/05(水) 11:02:43|
  2. トップページ(目次)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安倍官邸「権力」の正体

『安倍官邸「権力」の正体』のメモ
(著者:大下英治)


■菅義偉官房長官は、アンテナを広く張り、なにか問題があれば、事前にそれを摘んでおくような役割を果たしている


■祖父・岸信介は『総理経験者がもう一回、総理をやることは、日本にとっても良いはずだ』と語っていた


■われわれ、長州、出身者は、みんな、吉田松陰先生の人格から影響を受けています。高杉新作も人気はありますが、吉田松陰先生の場合は、まさに人に対して、至誠の人なんですね。孟子の言葉を、本当に実践しているようなところがあります


■「河井さん、どちらが当選しても、投開票の直後、アメリカに訪問してほしい」


■創生『日本』に所属する議員らは、安倍総理には、相対して話して身近に感じるようになればなるほど、『このひとを支えなければならない』と思わされるという。安倍総理は、生まれながらにして、身近な者たちを、安倍総理を支えたい気にさせる不思議なオーラを持っているという

■官邸内で安倍総理、菅官房長官、衆参の官房副長官、事務方の官房副長官、政務秘書官の6人による会合が、毎日、20分ほど開かれる。『正副長官会議』と名付けられているこの会合は、総理執務室で開かれるため記者らにも気づかれず、総理の動静にも出てこない


■菅が官房長官室を出て、廊下を通り、隣の総理執務室に入る。これは番記者もモニターで確認できる。だが、官房長官と総理執務室を結ぶ経路はこれだけではない。内部にも通じている。こちらを通って政治家が行き来する場合、監視カメラの映像にはまったく映らない


■長谷川榮一総理補佐官、和泉洋人総理秘書官の役割は、政治家と霞が関(官庁)の間の通訳だという


■官房副長官は、総理のすべての会談や視察などの日程に同席・同行する。特に首脳会談の前には会談内容、相手との想定されるやり取り、相手の性格や特徴について総理、外務省と繰り返し入念な打ち合わせを行う


■菅義偉官房長官は、中央省庁の官僚の入省年次に異常に詳しい。田中角栄を彷彿とさせる
  1. 2019/06/02(日) 20:57:43|
  2. トップページ(目次)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ