偉人のエピソード逸話集

創業者、名経営者、政治家、偉人のエピソード、逸話を大公開!

トップページ(目次)

トップページ(目次)
サイト名:偉人のエピソード逸話集
創業者、名経営者、政治家のエピソード、逸話を大公開


このサイトはアメブロ(http://ameblo.jp/tamiyataku1/)で連載している偉人列伝を編集、加筆、修正したものです。(アメブロ読者登録者大募集中!お陰様で読者登録者数1700人突破しました。)

なお偉人の名言格言サイト http://bit.ly/o1ny2l とは姉妹サイトになります。




目次【人名、(一部社名)一覧】



秋山真之海軍参謀
■秋山真之と東郷平八郎から学ぶ危機管理の心構え http://bit.ly/zHNL8P

雨宮敬次郎(甲州財閥)
■ 世界の成功者が誰も言わなかった雨宮敬次郎の名言http://goo.gl/YLQ6QP

鮎川義介(日産コンツェルン創業者)
■恵まれた環境でも等身大で生きる凄い男 http://bit.ly/AhIyDu

新井正明(住友生命元社長) 
■挫折をばねに生きよ http://bit.ly/z4bzMs

安藤百福(日清食品創業者)
■どん底からの脱出 http://bit.ly/wdBsoT


井植歳男(三洋電機創業者) 
■世界を股にかける男 http://bit.ly/xDzWkj
■三洋電機誕生秘話 http://bit.ly/Acge1S

石坂泰三(経団連2代会長)の秘話  
■外国人を唸らせたかっこいい日本人① http://bit.ly/xy4ULH

石橋湛山内閣総理大臣(55代)
■大器晩成 http://bit.ly/yhCE8D

市村清(リコー創業者)
■従業員は使用人ではない事業の協力者だ http://bit.ly/AklPaG
■諦めない人が道を開く http://bit.ly/wEOebi
■経営者の器量 http://bit.ly/wk97RQ 

イチロー(大リーガー)
■イチローに学ぶ http://bit.ly/NQUryr

井伸之出(ソニー元CEO)
■サラリーマン社長に求められるもの http://bit.ly/1b40eP3

伊藤忠兵衛(伊藤忠商事創業者) 
■自分に魅力をつけよ、座談の天才になれ http://bit.ly/xL9emh

出光佐三(出光興産創業者) 
■部下が命をかけてくれるリーダーとは http://bit.ly/zdI61K

犬丸徹三(帝国ホテル元社長)
■災害後に発展する企業とは http://bit.ly/Amaro2

井上準之助(財政家・大蔵大臣)
■言葉は時空を超えて生き残る http://bit.ly/1xRqRhI

伊庭貞剛(住友総理事)
■幹部社員育成の要諦 http://bit.ly/ylnyoi

岩崎弥太郎(三菱財閥創始者)
■三菱にみる商売の原点 http://bit.ly/yojXf9

岩田弍夫(東芝元社長) 
■その場で日本一になれば必ず道は開ける http://bit.ly/zjVrcS

岩波茂雄(岩波書店創業者) 
■意欲が危機を脱する http://bit.ly/zq3Lpa


上村愛子(スキーモーグル)
■題名:目標達成への執着心が道を開く http://bit.ly/1qz436d

潮田健次郎(住生活グループ創業者)
■商いの厳しさ http://bit.ly/Hr2i2u


越後正一(伊藤忠商事元社長) 
■真に人物を見抜き長い目で人を育てられるのが経営者の器
http://bit.ly/w21jLJ

江戸英雄(三井不動不動産元社長)  
■朝の来ない夜はない http://bit.ly/zZS72p


太田垣士郎(関西電力初代社長) http://bit.ly/z3ACZN
■決意が人の心を動かす

大谷米太郎(ホテルニューオータニ創業者) 
■裸一貫から巨万の富を築いた傑物 http://bit.ly/wsEdJh

大原総一郎(クラレ元社長)
■経営者の倫理観を問う http://bit.ly/yf59tR

大平正芳内閣総理大臣(第68・69代)
■名文はどうやって生まれるのか(政治家編)http://bit.ly/S7mUnf

大屋普三(帝人元社長)
■安定だけで会社を選んでいいのか? http://bit.ly/xSjxCy

岡崎久彦(外交官)の秘話 
■外国人を唸らせたかっこいい日本人③ http://bit.ly/xf6owN

岡田完二郎(富士通中興の祖)
■サラリーマン社長に求められるもの http://bit.ly/18jjRga

岡田卓也(イオン創業者)と岡田克也
■国や企業の盛衰は人材にあり http://bit.ly/xP4Gp3

岡野喜太郎(スルガ銀行創業者)
■備えあれば憂いなし http://bit.ly/yn3fiC
■スルガ銀行誕生秘話 http://bit.ly/wSQkdR

奥田硯(トヨタ自動車元社長)  
■左遷は飛躍のチャンス http://bit.ly/zPv0cX

奥村綱雄(野村證券元社長)
■逆境が人を大きくする http://bit.ly/AtBjmF

小佐野賢治(国際興業創業者) 
■目先の利益に囚われない買収術・損して得く取れ http://bit.ly/AtFPzX

小平浪平(日立創業者) 
■国産技術を確立した男 http://bit.ly/wLS8Kk

鬼塚喜八郎(アシックス創業者)
■商いの厳しさ http://bit.ly/HqYLkR

小渕恵三元首相
■人を見かけで判断すると大損をする http://bit.ly/Ajvfmr

オリンパスと大王製紙から学ぶ教訓 http://bit.ly/zVvfhp


勝海舟と西郷隆盛
■江戸城無血開城 http://bit.ly/1aiJLpG


加藤辨三郎(協和発酵キリン初代社長) 
■産業人が失いつつある精神 http://bit.ly/w9fjTp

兼元謙任(オウケイウェイヴ創業者)
■ホームレスから上場企業の社長にhttp://goo.gl/rDpOVo

鹿野道彦農林水産大臣
■情報が人を熱くする  http://bit.ly/wlVHWH

川田小一郎(日銀総裁3代) 
■法皇として君臨できる理由 http://bit.ly/yIsvaU




久原房之助(鉱山王)
■久原房之助と原安三郎と電通鬼十則 http://bit.ly/zyUPfj




後藤新平(元東京市長) 
■関東大震災から帝都を復興させた政治家(全7話) http://bit.ly/wnpLA4
■最大の経済対策は人を育てることである http://bit.ly/y0elfq
■ベンチャー企業を支援した政治家後藤新平 http://bit.ly/ACJzyp




渋沢栄一(明治の実業家)
■渋沢栄一と岩崎弥太郎 http://bit.ly/z5nMzi
■飛鳥山の渋沢邸 http://goo.gl/gLlojz


杉山金太郎(旧豊年製油・現J-オイルミルズ創業者)
■今こそ正直な経営を(士魂商才の実践)http://bit.ly/yXQvlq
■苦境の時こそ誤魔化さない(士魂商才の実践)http://bit.ly/xNxq8x

スティーブ・ジョブズ(アップル創業者) 
■開拓者魂 http://bit.ly/zijeYy




相馬愛蔵(中村屋創業者) 
■お客様本位の商売 http://bit.ly/wkV6Af

蘇我理右衛門(住友財閥)
■日本の商人道http://goo.gl/TY6L33


大王製紙から学ぶ教訓 http://bit.ly/wXJKo1

高橋是清(第20代内閣総理大臣) 
■ポストに執着しない男 http://bit.ly/w0vemP
■官僚に何故自殺者が多いのか http://bit.ly/zYUGTk

高畑誠一(双日創業者) 
■苦境の時にでも志を失わないのが http://bit.ly/yebmmL
■失敗を肥やしに http://bit.ly/zyoCMT

高峰譲吉(第一三共)創業者
■今こそパイオニア精神を http://bit.ly/xBQsPz

田口利八(西濃運輸創業者) 
■心を奮い立たせる花・福寿草 http://bit.ly/w8kQV1

武田國男(武田薬品元社長) 
■創業家の精神 http://bit.ly/xGqNVi

武見太郎(日本医師会会長)
■名人への道は一つではない http://bit.ly/JzKBOw

田中角栄内閣総理大臣(第64・65代)
■お金の使い方で分かる人物の大きさ http://bit.ly/yE5T1G
■約束を守る政治家 http://bit.ly/yNcZGt
■凄い男 http://bit.ly/ymXgZ9




堤康次郎(西武グループ創業者)
■会社や仕事を選ぶな(就職が決まっていない学生に向けて)
http://bit.ly/xwYRF5
■堤康次郎と後藤新平(大物政治家) http://bit.ly/ABMKsi




東郷平八郎 
■外国人を唸らせたかっこいい日本人④ http://bit.ly/xXPUfB

東芝の悲劇 http://bit.ly/yMnyWv

土光敏夫(東芝元社長) 
■再建時に必要なトップの条件(公明正大) http://bit.ly/zu2jB0
■土光敏夫(石川島再建)出資をしてもらうには(情熱が人の心を動かす)
http://bit.ly/wp0nro


中曽根康弘内閣総理大臣(第71・72・73代)
■政界で随一筆まめな政治家中曽根康弘 http://bit.ly/yMvGNr

永守重信(日本電産創業者) 
■出資をしてもらうには(情熱が人の心を動かす②)http://bit.ly/x2V8Ig

中上川彦次郎(三井銀行改革者) 
■政治家に媚びない明治の大物実業家 http://bit.ly/A90xrm


西川政一(日商岩井初代社長)
■創業の精神は時空を超えて活かされることもある http://bit.ly/y3Aulh

二宮金次郎
■二宮金次郎に学ぶ(復興の神様) http://bit.ly/ykyNIA





野口英世(世界的な細菌学者)
■情熱が人の心を動かし前途が開く http://bit.ly/yktHSQ

野田佳彦総理大臣
■野田総理(松下幸之助の遺産) http://bit.ly/wySCzN 
■野田佳彦首相の人柄 http://bit.ly/xHtNLO


羽田孜第80代内閣総理大臣
■羽田孜元首相について思うこと
http://tamiyataku2.blog.fc2.com/blog-entry-168.html

浜口雄幸内閣総理大臣(第27代)
■命がけで約束を守った政治家 http://bit.ly/AATzEj

早川徳次(シャープ創業者) 
■震災で全てを失いそこから世界的な大企業をつくり上げて男 
http://bit.ly/xnsBVr


平岩外四(東京電力元社長) 
■外国人を唸らせたかっこいい日本人① http://bit.ly/y6vbtE

平生釟三郎(実業家、教育家)
■今こそ士魂商才の実践を http://bit.ly/NCDsyN


ファイザー社誕生秘話 
■シナジー効果は意外なところで生まれる http://bit.ly/wVt8bg

船井哲良(船井電機創業者)
■偉人伝を読む価値 http://bit.ly/1b4476D

船井幸雄(船井総研創業者)
■船井幸雄の成功哲学 http://bit.ly/1e3rj4v




細野豪志衆議院議員
■政権交代前夜の貴重な体験 http://bit.ly/A2tZl8
■瓦礫処理 http://bit.ly/xbpb5z
■街頭演説(川崎市)瓦礫処理 http://bit.ly/GF35fq

本田宗一郎  
■惨状を肥やしに http://bit.ly/wEBWM6


松下幸之助の秘話 
■松下電器は何故世界の松下になれたか(全3話) http://bit.ly/w01CwP

松永安左ェ門(電力の鬼)
■明治の義理堅い男たち http://bit.ly/yzRAqB


三木谷浩史(楽天創業者) http://bit.ly/vYVVoA
■東日本大震災が教えてくれたこと

三島海雲(カルピス創業者) 
■災害時に利益を得る企業とは http://bit.ly/wzR9Fl

宮崎輝(旭化成元社長) 
■その道のエキスパートになれ http://bit.ly/zZDMm3

宮沢喜一内閣総理大臣(第78代)
■宮澤喜一元首相の意外な一面 http://bit.ly/wUh0N8





森喜朗元首相
■人を見かけで判断すると大損をする http://bit.ly/xOUJgD

盛田昭夫(ソニー創業者) 
■数人で設立した会社が大企業まで成長する条件 http://bit.ly/y0Mhy6

森永太一郎(森永製菓創業者) 
■東洋の製菓王森永太一郎 http://bit.ly/yn5N3s

森永太一郎と服部金太郎に学ぶ
■食品偽装表示で思うこと http://bit.ly/1cbRfY1


安田善次郎(金融王)
■安田善次郎と浅野総一郎と鶴見線 http://bit.ly/yo5LCe

柳井正(ユニクロ創業者)
■ユニクロ躍進の秘密 http://bit.ly/1r5L6Z2

山下俊彦(松下電器元社長)
■その他大勢から抜け出す http://bit.ly/zbQQy9

山内健二(アステラス製薬創業者)
■真に社員を大切にする経営者 http://bit.ly/ypj1n9
■後発企業が新規参入するための方法 http://bit.ly/xct0As
■発展する会社はどんな人にも丁寧な対応をする http://bit.ly/AmMcS9
■終身雇用崩壊とともに失われたもの http://bit.ly/xa7tnC

山本為三郎(ビール王)
■今こそ共存共栄の精神を http://bit.ly/z4pTlu




吉田茂(元内閣総理大臣)
■人の上に立つ人は腰が低い② http://bit.ly/ADAGdU

吉田松陰(幕末の思想家、教育)
■国や企業の盛衰は人材にあり http://bit.ly/xxH8DC

レディー・ガガ 
■レディー・ガガと松下幸之助に学ぶ教訓 http://bit.ly/P0cdOM


スポンサーサイト
  1. 2017/12/31(日) 05:16:08|
  2. トップページ(目次)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

羽田孜元首相について思うこと

題名:羽田孜元首相について思うこと


「ミスター政治改革」として小選挙区制の導入などの政治改革に政治生命をかけた羽田孜(第80代内閣総理大臣)が、本日(2017年8月28日)、老衰のため82歳で死去した

羽田元首相とは長男の羽田雄一郎参議院の選挙の手伝いをした時に、お会いしたのが唯一の機会であったが、羽田元首相の秘書を務めた人とは何度か飲んだことがある

彼は、羽田元首相の話をする時に「政治のことは何もかもオヤジ(羽田元首相)に教わった」と毎回、目頭を熱くして語るのが印象的である

また、政権交代前、羽田元首相の顔色が明らかに悪く、疲れも溜まっているので、「夜の会合はキャンセルして休んでください」と進言したことがあったそうだ。

その時の羽田元首相の言葉が「政権交代が出来るかどうかの瀬戸際なのに、休んでなんかいられるか」だったそうです。これを聞いて、この人は本気だと改めて思ったという

彼(元秘書)の話を聞いていると、羽田元首相のことを尊敬し、心の底から感謝していることが、いつも伝わってくる

田中角栄元首相の秘書を務めた早坂茂三が、総理になるには、「自分のために命をかけてくれる人が5人はいないと駄目」と、本の中に書いてあるのを読んだことがある

実際に不幸な話であるが、竹下登元首相の金庫番と呼ばれた青木伊平という人は竹下を守るために自殺したと言われる

私は、命をかけるかどうかは別として、大成する政治家には必ず、この議員に一生付いて行くという秘書がいると思う。例えば、小泉純一郎元首相の飯島秘書官のような存在である

野田佳彦元首相にも、野田さんに惚れ込み、ずっと一緒に行動を共にしている秘書官がいます

私は大学在学中に国会議員の宿舎で守衛(警備員)のアルバイトをしていたが、大学卒業後、縁あって、その宿舎で寝泊まりしていた国会議員の秘書になった。その国会議員が、松下幸之助が設立した松下政経塾2期生であった関係で、松下政経塾1期生であった野田元総理の事務所に私は何度も出入りすることになった。それで野田元総理の秘書のことを知っているのである

最近、ある女性の国会議員が、車の中で秘書を罵倒し暴力を振っている音生が表ざたになり、問題になっている

私は他にも秘書に暴力を振るう議員を知っているが、そういう議員は大抵、次の選挙で落選している。この女性議員は、たまたま、自民党が連続で圧勝したので2年生になれただけである

そもそも、秘書は一番身近な存在である。その一番身近な秘書から尊敬も支持もされない議員が国民から長く支持されることはあり得ないだろう

私は、その政治家が大成するかどうかの基準の一つに、その政治家を心酔している秘書がいるかどうかを見ることにしている

秘書が次々に辞めていく議員には将来があまりないと見ていいだろう

このことは経営者にも言えると思う

昔、ソニーの創業者の一人、盛田昭夫の秘書をしたことのある人に、「盛田さんはどういう人でしたか?」と聞いたことがある

彼女の答えはこうでした
「盛田さんはね、自分が世界でどんなに有名になっても、井深さん(ソニーのもう一人の創業者)のことを悪く言う人がいたら、身内だろうが、なんだろうが絶対に許さなかった」

マスコミは、井深、盛田の不仲論を度々書きたてたようだが、この一言で、2人が心の底から信頼しあっていたことが分かる

大成する人には必ず、良き師がいるし、また絶対的に信頼できる片腕となる人がいるはずです。どんなに学歴優秀で、頭が良くても、秘書や従業員がボロボロ辞めてしまうような人に未来はないといえよう

話は変わるが、先日、ジェームス・スキナー(世界的なベストセラー「7つの習慣」を日本に紹介した人物)が、フェイスブックのライブ配信で、「自分の師匠は中村天風(思想家)の弟子だったから、自分は中村天風の孫弟子だ」と語っていた

ていうことは、私は松下幸之助の孫弟子?ということに・・・いや、これは、ど厚かましいので自分で孫弟子とは言えないが、知り得た有益な情報は、今後もアウトプットしていきたいと思う



■略歴
羽田孜(はた・つとむ)
【1935年~2017年】日本の政治家。内閣総理大臣(第80代)、衆議院議員(14期)、農林水産大臣(第9代、第12代)、大蔵大臣(第88代)、外務大臣(第121代)、新生党党首、太陽党党首、民政党代表、民主党幹事長、同党特別代表、同党最高顧問などを歴任した

■略歴
中村天風(なかむら・てんぷう)
【1876年~1968年】日本の思想家、実業家。日本初のヨーガ行者で、天風会を創始し心身統一法を広めた。著書『真人生の探究』『錬身抄(財団法人天風会)』『研心抄(財団法人天風会)』『成功の実現』『運命を拓く』『中村天風の生きる手本—世界でいちばん価値ある「贈り物」』『いつまでも若々しく生きる』など

■略歴
松下幸之助(まつした・こうのすけ)
【1894年~1989年】日本の実業家、発明家、著述家。パナソニック(旧松下電器産業)を一代で築き上げた経営者。自分と同じく丁稚から身を起こした思想家の石田梅岩に倣い、PHP研究所を設立して倫理教育に乗り出す一方、晩年は松下政経塾を立ち上げ政治家の育成にも意を注いだ

■略歴
ジェームス・スキナー
アメリカ出身の経営コンサルタント、作家、セミナー講師。早稲田大学で国際ビジネス論を学び、世界最年少のアメリカ合衆国外交官、NEC、財務広報コピーライター、アメリカ最大級の研修会社フランクリン・コヴィー社の日本支社長などを歴任
  1. 2017/09/02(土) 07:38:02|
  2. トップページ(目次)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カースト

カーストについての豆知識


■カーストとは、ヒンドゥー教における身分制度(ヴァルナとジャーティ)を指すポルトガル語・英語である

■インドでは、現在も「カースト」でなく『ヴァルナとジャーテ』と呼ぶ

■紀元前13世紀頃に、バラモン教の枠組みがつくられ、その後、「バラモン」「クシャトリヤ」「バイシャ」「シュードラ」の4つの身分に大きく分けられるヴァルナとし定着した。現実の内婚集団であるジャーティもカースト制度に含まれる

■インドの宗教家、政治指導者のマハトマ・ガンディーはバイシャの階級である

■バイシャは3番目の階級で、商人や農夫が多い

■バイシャの階級の一つであるバニアからは、優れた実業家を多く排出している



■略歴・経歴(プロフィール)
マハトマ・ガンディー
【1869年~1948年】インドのグジャラート出身の弁護士、宗教家、政治指導者。南アフリカで弁護士をする傍らで公民権運動に参加し、帰国後はインドのイギリスからの独立運動を指揮した。その形は民衆暴動の形をとるものではなく、「非暴力、不服従」を提唱した。1937年から1948年にかけて、計5回ノーベル平和賞の候補になったが、受賞には至らなかった
  1. 2017/08/03(木) 20:42:06|
  2. トップページ(目次)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホワイト企業

■ホワイト企業(ホワイトきぎょう)とは、就職活動を行うに際して、入社後に福利厚生が整っていたり離職率が低いなどから入社することが好ましいとされている企業。反意語にはブラック企業という言葉が存在しており、社員への待遇が酷い企業という意味で使われている


■東洋経済は2013年に「ホワイト企業トップ300」という企画を行い、新卒で入社した社員の定着率の高い企業の300位までの順位を公表した


■2015年6月より、厚生労働省は「安全衛生優良企業公表制度」の受付を開始
「安全衛生優良企業公表制度」は、労働安全衛生に関して積極的な取組を行っている企業を認定・企業名を公表し、社会的な認知を高め、より多くの企業に安全衛生の積極的な取組を促進するための制度である。企業も求職者や取引先などへのアピールに活用することができ、求職者も安全・健康な職場で働くことを選択することができきる


■東京海上日動火災保険株式会社は東京都では第一号認定企業となった
  1. 2017/07/06(木) 08:50:42|
  2. トップページ(目次)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芦田修正

■芦田修正(あしだしゅうせい)は昭和21年8月、憲法改正草案を審議する日本政府憲法改正小委員会において委員長の芦田均が第九条二項の冒頭に「前項の目的を達するため」という文言を挿入する修正を行ったことを指す


憲法9条
■1項
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する

■2項
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない


■芦田均(あしだ・ひとし)
【1887年~1959年】日本の外交官、政治家。衆議院議員(11期)、厚生大臣(第14代)、外務大臣(第76・77代)、副総理、内閣総理大臣(第47代)などを歴任した。憲法9条に関する修正は委員長である芦田均の名を冠して芦田修正と呼ばれ、9条をめぐる議論ではひとつの論点となっている。2002年に芦田均の功績や資料を展示する福知山市芦田均記念館が福知山市にオープン
  1. 2017/06/03(土) 22:05:53|
  2. トップページ(目次)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ